htsdfsdf992.jpg



通奏低音:

①主にバロック音楽において行われる伴奏形態。「適切かつ即効的な」和音を補いながら伴奏部を弾くこと。楽譜上では低音部の旋律のみが示される。

②比喩表現として使用する際には「根底に一貫して流れる概念」など。「固定した低音」



意味逆やないかい




Where is my love life? 僕の愛ある人生はどこ?

Where can it be? どこかにあるはずだろ?

There must be something wrong with the machinery 機械の調子が悪かったからに違いない


Where is my love life? 僕の愛の人生はどこなの?

Tell me, tell me 教えて 教えて

Where has it gone? どこへ消えたの?

Somebody please, please tell me what the hell is wrong 誰か教えて お願い 何が間違ってるのか言ってよ




「Computer Blue」

どうにもこうにも息苦しく辛い曲です


アルバム「パープルレイン」に入っている曲だから

最近聴いて知った方もいるんじゃないでしょうか



痛みで相当キツイ燃えるようなComputer Blue

iPodからランダムに流れてきたこの曲の後に

プリンスは ほとんど「赦し」とも言えるような曲を奏でる

そしてその次には「歓び」としか言えないような曲が流れる




プリンスは感情の全てを司る万能の神みたいだな



エスむらの暮らしの中で 人生の中で起こること

今起こっていること


それらは楽しかったり悲しかったり辛かったり腹立たしかったり喜びだったり

いろいろあります


清いことも汚れたことも

誰の人生でも起こりうること

あまり起こりえないことが起こっていたとしても耐えられる


何事もなんとかなるもんだ

それも人生だと思えるから


清濁併せて多彩なのが人生だと プリンスに教えられ鍛えられたから



大概のことはなんとかなる なんとかしようじゃないか


踏ん張って頑張って笑って泣いて流して感じて 過ごしていこう

それも人生と思えば 醜いものも醜いなりに美しく愛おしい



そうやって過ごしてきたのは 過ごせてきたのは

プリンスがいたからなんだな




その私の人生の基盤 私の人生の通奏低音であるプリンスがいなくなった



通奏低音を失った痛みや悲しみ苦しみは
 
人生で出会い経験する(した)あれこれの痛み悲しみ苦しみとは比較にならない

比較にならない? 種類が違う

さばけない やりこなせない 流せない 癒せない



他のもろもろは通奏低音にまつわるキラキラする和音だったりスパイスになるアクセントだったりする 

それは必要でもあるけれども それ以上でもそれ以下でもない

そう 通奏低音と対をなすメロディーであっても それ以上でもそれ以下でもない 



プリンスを知ったのは学生時代だった

まあ言ってみればそこから今までの その程度の付き合い

エスむらを産んでくれた親でもない

それなのになんなんだ この基礎感



エスむらは学生時代の多感な時期にプリンスに出会ったから

羅漢している期間も深さもこんな感じだけれども

例えばプリンスが亡くなるちょっと前に羅漢した人もいる

プリンスが亡くなってからその病に羅漢してしまった人もいる



その人もみんながみんな同程度に深く深くプリンスにやられてしまっている

恐ろしいウィルスだ


そんな人生を狂わす違った人生の基礎となる「何か」を与えて去っていったプリンス



どうすんのよね 通奏低音 なくなっちゃったじゃないか



本来のミュージコロジー的な意味の通奏低音

ただの低音じゃないんだよ

私の大事な数字 

ここでは比喩とは違って底流ではなく臨機応変で自由自在で多彩なもの




比喩としての意味での通奏低音

私の底流

私に永遠に影響を与え続けるファクター エレメント





自由多彩で根本底流

やっぱプリンスそのものじゃないか



どっちもだよ どっちもなくなっちゃったよ

いつも奏でていてくれた人がこの世からいなくなっちゃったじゃないか


喪失感とかでは片付かんよ プリンスよ





それでもプリンスは地面を向いて歩いているエスむらのほっぺたをパシッと軽く叩いてこう言ってくれる


カッコ悪いと思わないの? カッコよく生きろよ


そう

そうだった



カッコよく生きなくちゃ



ごめんよ プリンス



喪失感だかなんだかもうよく分からないものに一生まとわれながら

キツくても痛くても



それでも前とか上とかを向いて カッコよく生きるんだ




プリンスは私の通奏低音

Prince. U are my PHILOSOPHY.




プリンスという通奏低音は エスむらが召されるその日まで


ぶっ通しで鳴り響いているものなのだから








tumblr_oowghwPJIR1vi8235o1_500.jpg




悲しさ寂しさが痛みや苦しさとともに押し寄せる



前回の記事(参照:求めても求めても求めきれないもの) 傷が裂けて血だらけになってしまいました

すみませんでした



でもな あれな

別に感傷に浸ってやろうとしてるわけではないねん

センチになってるわけじゃないんだよ




冷静に

というよりもっとニュートラルに

普通に 本当に普通の状態でこうなんだ

こうなってしまうんだ



自分に酔って泣いているんじゃなく

もう 普通に辛い

放っておいても普通に血が出るんだ





この一年もった 頑張った

なにに対して頑張ったのか分からないけれど頑張った



そんなさなかに不意を襲って急に辛さが押し寄せてくる

身体中に辛さ悲しさが満ち溢れる



これは

プリンスがいない いなくなっちゃった

っていう慢性的な悲しみでなく



ああ 一年経ったけど

今までなら 例えば新譜が出る頃だな とか

もうきっと新曲を数曲聴けていたのかも とか

プリンスがツイッターでつぶやいたり

どこかでライブするって急に言ったりして 

彼からは遠い日本で

あーまた海外でか〜日本に来るのはまだかいなー って思ったり とか



そういうことしてたはずなのに

今頃 あのプリンスのあの新しい音を聴いていたかもしれないのに



いや プリンスのことだから絶対新曲何曲かドロップしてるよ

本当なら って本当は今なんだけども

本当なら プリンスの新しい音楽体験を享受していたのだ

いつも通りに


それによって得られるもの


彼を感じ 喜び 感謝する

ともに生きていることを感謝する




それができない

それらを 聴くことができない 授かることができない 体験することができな

今後 これから ずっと




っていう思いが迫ってきたからなんだ



辛さが襲ってくる



なんでいなくなっちゃったんだよ はもうデフォルトになってしまってます



そうでなく この悔しさはなんと形容したらいいんだろうか

この感情に合う言葉が見つからない

泣きながらそう感じていた



残念でも悔しいでも足りない

腹立たしいだけでも虚しいだけでもない


やるせない


体も心も引き裂かれそう




もう 聴けないのかよ 受け取ることはできないのかよ

プリンス


あなたの新しい声を 新しい音楽を


あなたという体験を








ああまた血が流れちゃった





tumblr_oofg64VJ0V1r8w2nro1_500.png



やっぱりまだ死ぬべきではなかったんだ


一年経ってまだ まだ言う まだ思う

まだ納得しない



彼はもっと観察されるべきだったんだ

もっと感じられるべきだったんだ

もっと感じさせてくれなくちゃならなかったんだ

もっともっと彼を研究し見つめ私たち人間のそばに ここにいなければならなかったんだ



まだ まだ彼の何も知らない

彼の何ものもわかっていない




彼のこと なんだったのか知ってる? わかってる?

わかんないよね? あれほどの人




私は

納得してないよ! なんてジタバタもがいているわけじゃない

彼への感謝を忘れているわけじゃない

彼のもっていたあらゆる痛みを無視しているわけでもない


プリンスは死んだ 死んでしまったんだ



分かってるし受け入れなければならない

だから毎日生活してるしご飯も食べるし眠るし起きる


日々を過ごしている 進む

彼を置いて

彼に置き去りにされて




彼のことを考え 彼をいじって彼で遊んで彼に感動して彼を尊敬して



それでも まだ まだどうしようもない

やっぱり逝くのは早すぎだ

逝くべきじゃなかったんだ



あなたは深すぎて謎すぎて楽しすぎて愛らしすぎて聡明すぎて悲しすぎて


プリンス 今いなくなられたらなんにも分かんないじゃないか




いないなんて 悔しい


なんだろうこの悔しさって

悔しいよ

あなたがいないことが

たくさんの人が求めているというのに



きっと後何年 何十年生きてくれていても謎のままだろう

あなたという人は分からないままだろうね



だったら もうちょっといてくれなくちゃ

もうちょっといてくれなくちゃならなかったんだ




謎は謎のままでいいから



もっと愛したかった

もっと愛されたかった




プリンス 恋しいよ 寂しい



あなたが死ぬほど恋しい







プリンスの様子


tumblr_ooraof9CPB1w58y5go1_500.jpg



サブタイトル:国別対抗2017のSP FP エキシビションをプリンスが天界から見ていたら



白鳥のあと羽生選手がプリンスになりました

えらいこっちゃでしたね




汗だくの羽生選手にものすごい煽って煽られて

両手で聞こえないよ?のポーズをとり   (笑いました プリンスだったもので)

投げキッスして   (笑いました プリンスやないかーいと叫びながら)

いやらしい顔をして   (笑いました どこで学んだ羽生くん)



キュートにセクシーにニヤリと見切って

ズサーーーとギターを響かせ

壮絶なスピンで フィナーレを迎えた



あなたは天を仰いで ありがとう と言った

言ってくれました


なにをおっしゃるか

こちらこそありがとうだよ 



本当にありがとう



あんな世界最高峰にややこしい人を扱ってくれてありがとう

ややこしいおっさんやなーと思いながら挑んでくれていたのではないでしょうか

あのややこしさがプリンスでもありますが

ややこしい言い過ぎ

いい人なんだよ?   今更フォロー  誰におもねってる←プリンスにです



プリンスの様子はきっとこうだったはず



エスむらにはこう感じられたよ



prince BET award 2010 より



ノッテステラータでは静かに神妙に聴き見入り

3glgkjgiphy.gif



聞こえないよー?

投げキッス

ズサーーーー

あたりでは

2tumblr_o7fk03Lz581qdqzl4o1_250.gif


なん なんだなんだ? おいおいユヅルはどうしたんだ?

とおどけた表情をみせて



最後には感動と感謝のこもった熱くも優しい眼差しで拍手を送る

2ndjaghgiphy.gif
4bdgagiphy.gif


そんなプリンスが 見えました


4tumblr_inline_o79u8lsAOt1qcibyj_500.gif


見えましたよ




天界のプリンス氏の言葉をエスむらが翻訳してお送りいたします



ありがとう 本当にありがとうユヅル そしてみんな

きみのこと あなたたちのこと 忘れない

愛してるよ





※ 妄想域の超意訳です ご了承ください

※ なおエスむらこんなことばっかりやっているので プリンスにはたかれる覚悟で天界に参ります






tumblr_oo3s5ocUfu1vknxaeo1_500.jpg



良きことに変える努力

でも

良きことに変える思い

でもないねんな



努力じゃ無理してる感がある

思いだけじゃ弱い



色々考えたら 体質 だと思った



良きことに持っていけるのはいい加減にする意志も必要だな



どんな効力 不可抗力が作用したとしても

自分のせいでも 運命のせいでも

それを最終的に良きことにできるか否かは

体質によるな と



もちろん結果だけではだめで

その間の過程をああやこうやよく見つめ考えてこその

良きこと

になったのなら それは体質だということ



その過程の結果がどうやっても

悪きこと

になるのも

やっぱりそれはそういう体質やと思うんや



まあなんだかんだ言っても

無責任

という一言で片付けられちゃうか


そう このいい加減さは生きる上で必要



プリンスの死は 不可抗力中の不可抗力で

こんな運命求めてないし知らんがな

の最たるもの



強力な運命にエスむらたちは翻弄されて生きていく



それでも

良きこと

にするかしないかは

本人の体質にもよるなあとシャワー浴びながら考えてた



もちろん苦しい 過程はモノによってはエゲツないほど苦しいが

考えて考えて熟考して

良きこと

にする




それは意志でもありそこにたどり着ける体力も必要だろう

健康はやっぱり大切やな



そしてそこにたどり着いちゃう体質という素地


体力は 鋼のような強さというより 柔軟さかな



まあ ある程度いい加減に持っていける知力体力体質は生きていく上で大切だね



っていう話





tumblr_ooqz4bZ2IH1vi8235o1_500.jpg




羽生結弦カテゴリが増える増えるよ…



生きてるって素敵

妬み嫉みではありませんよ

純粋に生きてるって美しいし喜ばしいこと

生きてるってことは祝福です



羽生選手がエキシビションでもしかしたらプリンスをやってくれるんかも知れへんでえ

羽生さんのファンはそないに関西関西してへんわ

と羽生選手ファン界隈が騒がしくて笑

ざわめきとささやきがこっちにも届いてきて

それは楽しげ

ありがてえなありがてえな



で羽生選手がプリンスの練習をしていたとか

こんな動きをしていましたとか

リアルタイムの彼の生

生命を感じるさざなみ



ああ 羽生選手は生きている

生きてる彼を追って応援できるみなさんの喜びと幸福感が

まぶしい




エスむらは0421前後

心も体も上がったり下がったりで

文字通りぐちゃぐちゃだった



悲しみとか虚しさとか浄化とか希望とか欲望とかがぐちゃぐちゃ



それも確かに生きるってことだろうが

少し酷だった

ヘビーな数日間だった



プリンスから与えられた強さ

プリンスを思うこの愛に汚れはないし

自分自身で持ち得ている強さでなんとか立っているが

それにしてもこの環境はカオスに間違いない



この状況には分かって飛び込んだ

過正直が招いた混乱だとはよく自覚しているが

この混乱は自己ベストを更新してしまった



プリンス いろんなことを体験させてくれてありがとう   ややヤケ



なに言ってるかわからんな



とにかく



こんな状況に届けられる羽生選手からの爽やかな風

これにどれだけ救われるか

救われたか




喜びや嬉しさを届けてくれるのはもちろんのこと

爽やかだった

まっすぐで汚れがなく清潔なのだ



あなたたちが届けてくれるこの爽やかで清々しい風は

ぐちゃぐちゃに乱れて汚れたエスむらを本当に救ってくれる



いまも救ってくれている



フィギュアスケートは点数や順位を競う競技なんだろうけど



もうその存在は 表現は 救いだよ



羽生選手に 他の選手の方に ファンの方に



祝福を





本日ワクワク期待して楽しみに待っております




※ブログ 記事リンク 全然オッケーです。

 もうエスむらを好きなようにしてくれえ





tumblr_ooryio3Jr41rhpkrno1_500.jpg



スタバなう


私のプリンスの思い方



この時間にここにひとり

これでいい これでよかったんだ



プリンス


愛してるよ



愛してます 永遠に




tumblr_oorktvcPW31wnfsugo1_500.jpg





images.jpgimagejjhgs.jpghousea1.jpgab041dfdca6d20b6d2b0357f96316036a0bbf65f.jpg
A66F97F72D6D4E0EBCCEC39AB220FBBE.jpg3370302400000578-0-image-a-34_1461439058697.jpg1461571319484_957.jpg160422072353-09-prince-memorials-0422-super-169.jpg35547428001_4862729920001_4862463968001-vs.jpg90305184.jpg612943660.jpg920x920.jpge5018520160421princedeath19.jpgpaisleyparkfans.jpgstream_img.jpgbe62546dfdc5629f0b8ec9507de27ee1.jpgphotoc85.jpgPrincekjhk400.jpgPaisleyParkjoiu.jpgarticleb57342f2b68447639ef7589c0caa9ee8iE8BB28LLc72f44c9ccbb1222.jpgmmmma72385a6c1dd326025bfacdd56d6d643.jpgmmmmPrince519193.pngmmmm0428park.jpgmmmmaa02720160421princedeath04.jpg



あの時のあのシーンをありありと思い出す 思い出せる 覚えてる


あの時のあのシーンとは

20160421 プリンスの死を知った朝方5時の空気感



ベッドの中でいつものようにメールやラインやブログやらをチェックする

エスむらは大体そうやってぼちぼち目を覚ますんだ


ブログにコメントがきていた

あ コメントだ と開くと

短い文章がなにかとんでもなく恐ろしいことを告げていた


プリンスが 本当に 永遠に目を閉じてしまった?


急激に目が覚めた 覚めたと言うより血の気がひいたんだ



自分で分かるほどみるみる体と脳が冷たくなって上体を起こした

脳みそが冷たくなるってわかる?

これは体験した人ならわかる感覚だよね



え?なに?どういうこと?

全く意味が分からない

え 待って なに?何を言ってるの?


真っ暗な部屋の中を 白く輝く画面のスマホを持って意味も分からずふらふらとさまよった



恐ろしいからなるべく思い出したく無いけども

この感覚にいつでも戻れる

その体感はいつでも思い出そうと思えば思い出せる 細胞に刻み込まれてしまった



一年前のあの瞬間 あの身体の感覚

ここへはきっと10年後でも 20年経っても生々しく戻ってしまうんだ

フィードバックってやつだね


エスむらはこれに この感覚にある意味囚われて 一生付き合っていくんだ



ものすごく鮮明だ

プリンスが死んだって知ったときの暗闇の風景

自分の体で感じてた皮膚感覚





一人でいてられなくて

雑踏にまぎれたくて

一番騒々しくて止まらない渦の中にいたくて

街に出た

そこは色も音も味も匂いも 何も何もない世界になっていた



あてもなく彷徨う

というのは

例えば失恋とか失敗とか絶望とか怒りとかで

彷徨い癒すことも過去あっただろう

人はそうするだろう



けど真に彷徨った



彷徨う というものを真の意味で知った

右か左か前か後ろか

さらには上か下かももう分からず彷徨った



感じすぎると発狂するか泣き叫んで崩れ落ちるかすると分かっていたからか

どこか感情のスイッチをオフしていた



それはプリンスの死を受け入れるとか受け入れないとか受け入れられないとかの

意志の働かない世界だった




なんの世界に放り込まれたのか

分からない世界




多分 あなたも あなたも 世界中のプリンスのファンも

あの時の空気感を生々しく覚えているんだろう


これから先もずっと




そういう意味では


私たちに癒しはない




プリンスに感謝を感じていないとか

ただただ後ろ向きとかではない



前を向こうが後ろを向こうが進もうが立ち止まろうが


そこに愛があろうが愛がなかろうが


プリンスを失ったことに対しては



救いも癒しもない









08-41107226paisleyrjs042216.jpg08-411072_32paisley042216.jpg08-411072_23paisley042216.jpg5prince.jpg336CE24800000578-3552361-image-a-25_1461324201380.jpg336CDE6B00000578-3552361-image-a-79_1461327019822.jpgfc2blog_20170422140251ded.jpg7352010-3x2-940x627.jpg1461342326GV5A4217.jpg160422070037-02-prince-memorials-0422-exlarge-169.jpgfc2blog_20170422140653298.jpg635972021544365437-1572658732_prince-first-avenue-minneapolis-memorial_yxinjx.jpga62870-20160422-prince-party15.jpgAPphoto_Obit-Prince-1.jpgasdvsdsdf.jpgCgle5gDUoAAlvs-.jpgde0139-20160421-princedeath410.jpgDSC7380.jpgDSC7402.jpgFirst-Ave-Prince-Dance-Night-58.jpgows_146128918439031.jpgows_146194347376382.jpgows_146128918074746.jpgtumblr_inline_o606mh7OMK1tdnzlz_1280.jpg



一年前のあの日の前日も木曜日だった


その前日 エスむらはプリンス祭りの用意をしていた


非常に盛り上がるプリンスのスペシャルライブ映像を引っ張りだしミックスして鑑賞することを

プリンス祭と呼んでいたのだけれども

お酒でも飲みもって大音量で楽しもうと思ってた

小さくも可愛らしい楽しみ



ちょっと前にプリンス祭りをしてとても楽しかったもんだから

また開催しようとしてたんだよね

金曜の夜に

休みの前の楽しいひとときを過ごそうとね



何事もない楽しい平和な日々 瞬間はそこで終わってしまうのだけれど



木曜の早朝 ブログのコメントが入ってきた

ああコメントだー嬉しいな なんだろうな

って真っ暗闇の中スマホを開いた



とても短い文章だった


それはエスむらや世界中のプリンスファンを永遠の闇に落とすほどの内容で


あの瞬間世界が変わってしまった


プリンスがいた世界から

プリンスがいなくなってしまった世界へ




あの日を境に世界が変わってしまったんだ




あなたの心の中に


tumblr_oh223pYzSm1vsl6nbo1_500.jpg




白いリンクに薄紫の羽生選手が一人たたずむ



あのオルガンの音色が流れ プリンスが

最愛の者たちよ

と唱える



氷上に響くグリッサンドで血が沸き上がる



氷の音


風の音


プリンスの声




改めて

改めてありえない光景




スケートの選手権で

あのプリンスが流れる

しかもレッツゴークレイジー

しかも演じるのは あの羽生選手



やはりプリンスというチョイスのエグさを噛みしめる



他の選手もじっくり見させてもらったんだ

ああそうか フィギュアってこういう曲だよね という馴染みのあるタイプの選曲のなかで

カバーではない プリンスの声の入ったオリジナル Let's Go Crazy が鳴り響く



これは

異常事態だよ

やっぱりそのチョイスは異質




そして別格のパワーを感じました



プリンスの楽曲のパワー

羽生選手のパワー

格段に違うと感じます




突き抜けているんだ

プリンスという個性も羽生選手という個性も




羽生選手は天を仰いでごめんなさいと言っていた



いやいやいや ゆづ    ←勇気を出して馴れ馴れしい


エスむらにはそのとき

天界からプリンスが微笑んでるのが見えたけどね

なんなら天界から投げキッスだよ




よくよく考えたら ありえない組み合わせだったのだ


これはただのスポーツ競技ではない



彼の演技中はいつも夢中だった 夢中になれたし 夢中にさせてくれた



そう思わせてくれたのは

ただの競技としてのスケートというものを超えた「表現」を見せてくれた羽生選手だったからか



tumblr_obgvd8OAjZ1v0iooao1_540.png



羽生結弦選手

そして彼を信じ愛しついていかれているファンの方へ




この度は一年間エスむらを プリンスファンを楽しませ感動させ 感謝と美しい喜びをくれて

本当にありがとうございました




こんなブログに来てくださって

感想まで送ってくださった

気持ちを届けてくださった



本来なら交わることもなかったフィールドが混ざり合い

心と心を通いあわせることができた

まるで奇跡のような出会いでした



もう羽生結弦選手のことは他人とは思えません

そしてあなたたちも




もちろん羽生結弦選手のことを忘れることもない

むしろ心に生き続け思いを馳せると思うのです




きっとあなたたちもプリンスのことを忘れることはなく

プリンスファンの存在をどこかで感じてくれて

プリンスを胸の中のどこかで生き続けさせてくれるのだと思います



それが嬉しい



そんなことをしてくれた羽生結弦選手には感謝しかありません



このブログの前後をチラ見してくださったなら分かる通り

愛するプリンスを失ったエスむらは2016年4月21日 身体の一部をもぎ取られてしまいました



以来巨大な虚無の穴がぽっかり空いてしまい 今もそのまま

これからもそのままでしょう

きっとプリンスを愛している人たちは同じ状態です



一年たったのに?まだ悲しみに沈んでいるの?

羽生選手を深く愛しているあなた方ならそんな風には思わないでしょう

誰かを深く思い追い感じ考え愛してきた者なら

そんな「まだ」みたいな感想は持てないと信じています



愛する者がいるあなた方のような人たちが少し想像すれば

心臓が止まるような全身が冷たくなるようなことが現実におこっているのが分かってもらえると思います

一年や二年そこらで癒える傷ではない

一生抱えていくほどの傷 傷というよりか巨大な穴

それほどの喪失と虚無です



誰かを

羽生選手という人を尊敬し愛している熱い方々だからこそ

このプリンスファンの救いようのない気持ちを優しく温かく爽やかに救ってくれたんだと思います

すくいとってくれたんだと思えるのです



そんな人たちに向けて素晴らしいものを見せ続けてくれた羽生選手がこれまた愛おしい

プリンスを取り上げてくれて

私たちを感動させてくれたということが

もう 愛そのものです

奇跡のようです




いや きっとあっちの世界でプリンスは分かってたよとうなづいているかも知れません



プリンスという人がおり

数々の音楽を生み出してきたということを広め

感動をもって純粋に受け入れてくれて

熱く純真なファンの方々の心に染み込ませてくれた

エスむらのようなプリンスファンが感動した

羽生選手のファンの方々がそれに応えてくれた




もうこの繋がりは途切れない



そう思います



羽生結弦選手との出会い

プリンスとの出会い

それぞれのファンが心を溶け合わせること

そしてそれはもう消えないということ


それが嬉しいのです




羽生結弦さん 素晴らしいプロをありがとう



スケート界だけでなく

他のフィールドにまで感動を届けてくれてありがとう

プリンスを生き続けさせてくれてありがとう




あなたの中にプリンスを見

プリンスの中に羽生選手を見ることになる




あなたは あなた方は 表現で 愛を見せてくれた



そんな美しい追悼をありがとう




羽生選手を みなさんをずっと応援し続けます




どうか プリンスを忘れないでね




tumblr_ogiginRJRO1r8w2nro1_500.jpg