C1pUJz7UkAEaP6f.jpg




めっちゃ笑えるのに

全く笑えない



でもなんか なんかオカシイ

なにかがオカシイぞう?



そんな複雑な感情を引き起こす人だったね



大ふざけか大まじめか



彼はクラウン  サーカスクラウン

彼は哲学をもったクラウン




ピエロの可笑しさとつかみどころのなさと悲しみを感じさせるプリンスという人は

どこかピエロのような人でもありました



あの声で

Hahahahaha…

と低く笑って演じる時


真実を煙に巻き 少々こちらを嘲笑うように振る舞ったプリンス



その心は

傷つきやすく繊細で優しかったのよね   というファンの欲目



表現の仕方が時に可笑しかったり意地クソ悪かったりバカにしてる風だったり   意地クソ悪いって…



それは柔らかくてキレイなところを隠すためでもあったのね   とことんファンだな



あ もちろんプリンス乙女だったとは言ってません

あんな腹立つ乙女おるか



ときに憎々しげwに振る舞う乙女プリンスでしたが

その挙動すらも愛おしい


全て愛おしかったよ



面白い人だった




エスむら これからもこんな感じで

上げて 落として また上げる

というプリンスファンとしてふさわしいブログを目指していく のかな?   聞くな



怒らんとってねプリンス






tumblr_on8uycTfeo1qljowfo1_1280.jpg




プリンスを失った喪失感だけで

世界中がなんか大慌てで

一年うわあうわああああと沈んだり飛び上がったりしてたけど



そうだ

一年たって改めて思うのだった



私たちは確実に楽しいことを失ってしまったのだ



プリンスの仕掛ける音楽 PV ライブ TV出演

SNSに素敵な笑える画像

次から次へと面白がらせ楽しませ

幸せにしてくれたプリンス

それらは

もう二度と供給されないんだな と



一年バタバタでよくやってきたよ



でもね これからだよ これからが長い

本当の「プリンス虚無」がくる

精神面だけじゃない

物理的なことね



喜びや楽しさや幸せ製造の大元がいなくなってしまったのだから



とっても多彩で複雑でいろいろ沢山お持ちの人だったから

ふと思い出しては

そうそう あれはオモロイ

とか

あれはこうだよねー

なんて

クイズを解くようにだったり

スルメを噛むように楽しむことは

きっと死ぬまで永遠できる



けれど

プリンス本人が生む

新鮮なオリジナルの美や楽や幸や喜は

もうこれからどれだけ待っても

出てきはしないんだ

受け取ることはできないんだ




ああ もう 本当に 悔しい 虚しい




私は酷なことを書いているだろうか?



でもきっとこれらは

大なり小なり遅かったり早かったり

質量も違いがあるだろうが

プリンスを愛していた人の心に去来するものだろうと思うから



ただただ書きます 書いているのです




tumblr_on6636BtpV1r89abjo1_500.jpg

専属のスタイリストさんと こんな頭されてなおプリンスの達観したような悲しげで哲学者な佇まいたるや



幼稚園や小学校のころ

お友達が引っ越しなんてことになったら

まるで永遠の別れみたいだった

東京大阪間ほどの距離は永遠の別離と一緒だった



高校大学と大人になるにつれその距離感は狭くなってくる



友達がヨーロッパに留学したとき

永遠の別れみたいに悲しくて

飛行場で泣いてサヨナラした


今になったら旅行や転勤や結婚で海外なんて結構普通で

わーまた遊びに行くわー

くらいの距離感になっている



そんな妙齢になったからこそ

プリンスが来日してくれてもくれなくても

プリンスがアメリカやヨーロッパでライブしようとも

ほうかほうか

てなもんだった



距離が縮み

会いたいと思ったらすぐに会いにいける

彼はすぐそこ

そんなつもりだった

同じ地球上にいてくれるだけでよい そんな境地にまでなっていた



ところが去年の4月


プリンスは普通に生きていては行けないようなところまで行ってしまった



おそらくここに来てくれている人たちは

エスむらと似たり寄ったりなお年頃の方が多いのでしょう

誤差があってもプラマイ下は二十 上も二十くらいでしょう

幅広い誤差ねー



ならばきっとエスむらの今感じているプリンスとの距離感と

ほぼ似たところなんではないでしょうか



そこで年齢と距離感



上は二十の幅をもたせて考えた場合の

エスむらより年上のプリンスファンの方は

もう少しプリンスを近くに感じているのかななんてね

思うわけ



エスむらがあと10年 20年 30年と年を重ねるごとに

決して生きてる間は行けはしないはずのあっちの世界が

とても近く身近に親しく感じられ

イコール

プリンスとお隣さん感覚

くらいにはなってるんだろうか

迫力のあるお隣さんだこと



そう想像すれば

年を重ねるのもとても楽しみなこと



あちらの世界が自然に身近に感じられるなんて

それはきっと素敵なこと

素敵なところにちがいない


だってプリンスがおるねんもんな!



プリンスを神様扱い?

まあそれもええやん あんなクセのある神様おる?


サイコーやん






tumblr_om3yfzyQIz1qf9eq5o1_540.jpg




なんつータイトルでしょうか

まあよいではないか ここはプリンスブログ 大人向けのおバカなブログ

必然で不可避な単語であるのよ



上記それぞれの必要性

上記それぞれの重要性



はいっ ぶっちゃけトーーク

プリンスはどこまでやっていたのか      やってたとかお下品な

どこで辞めたのか

辞めてなかったのか



これはパパラッチ的なゴシップ精神からくるものではありませんよ



プリンスの心の健康とか

豊かな生活とかに思いを馳せた時

やっぱどうしても???って思ってたところ



マイテと出会い別れ

マニと出会い別れたあとのプリンス

エホバに入ったプリンス

エホバを続けてたか続けてなかったかすら分からなくなるプリンス



女の子たちが周りに常にいたプリンス

テイマーがいた

ブリアがいた

アンディーがいた

他他笑笑



ハグはするだろう

キス  キスも挨拶ならするだろう

だけど恋人とのキスやセックスは?



プリンスは そんなのもう必要ない

って言ってたみたいだけど

うん プリンスの言葉通り受け取るよ

受け取ったるよ 一応は

ああでも

そんなん分からん あの人の言うことは分からんでぇ



欲望とか欲情という意味でなく

生きる上で求める

人と人のコミュニケーション

これをプリンスは本当に音楽だけでまかなっていたのだろうか?

やたら音楽を作りやたらライブをして



妹のタイカが言ってた

プリンスは泣くかわりに踊っていたのよ



エスむらはこうも思ってた



プリンスはキスしたりセックスしたりするかわりに踊っていたのか

そんなことを考えたりする



音楽は肉感的なものだ

コミュニケーションも生まれるし密な関係も築ける



音楽がすべてだった人 プリンス


やっぱり孤独な男だったんだろうか






さかのぼって記事読んでくださってる方

昔の記事にでもコメントカモン!

いつでも正座して待機してるでえ






4prince.jpg



信じられない

なんという一年



今朝目覚めたとき

あの羽根のように身軽に振る舞うプリンスを感じた


身軽にふわっとした身のこなし

軽やかだったあの人がもういないということを

しみじみ感じた朝の目覚め



プリンスという人に実際に関わってきた人は

自身を通してプリンスを感じ語る

それは別に構わない

そりゃ感情はなにかしら湧いてくるものだから



ただし

プリンスの気持ちはプリンスのものだ

エスむらはそれをこうだったのかなとか

ああだこうだと推測はできない

思いをはせることはできても

断定や推測は無意味だ

無意味というか 無礼だ



彼の心は彼のものだから



プリンスは悲しんでいた

プリンスは辛がっていた

プリンスは疲れていた



プリンスは幸せそうだった

プリンスはユーモアがあって陽気に見えた

プリンスは前向きだった



彼に関わってきた人はプリンスについて感じてきたもの思い込んできたものを

ここぞとばかりに言いがちだ



良いか悪いかの内容や方向性云々より

強烈に決めつけること

こんなのプリンス一番嫌がっとったんちゃうのん



個人個人の印象や感想はまだいい


そうだったのではないか という断定寄りの推測とは違う

思いをはせるということ



それはいいんじゃないか



でもプリンスはこうだったのよ とか

プリンスはこう思っていたのよ なんて

プリンスに対して失礼でしかない



プリンスはもう死んでしまったのだ

言い返したくても言い返せないやないかい

きっとあっちの世界で

おいおい 勝手にオレをそんな風に決めつけるなよ〜

と呆れてるよ



ただね

プリンス あなたがいなくなって悲しい 辛く  寂しいよ

というみんなの思いは

きっと

そうなんだね 悲しんでくれてるんだね

って思ってくれるよ



エスむらは

世界中のファンは

悲しんでる

寂しがっている



プリンス あなたがいなくなって悲しいんだよ



それしかないし

そうしか言えない



こうかなああかな はもちろん渦巻くけども



プリンス あなたがいないということが悲しい

あなたがいないということはこんなにも衝撃的なんだよ


ということ

ほんとそれだけだ



これは私たちの事実だ

推測も妄想もなく

真実だ



プリンス 悲しいよ ということは伝えたい







tumblr_omwljfVPRf1vi8235o3_1280.jpg




涙に質や価値の差なんてあるのかどうかわかんないけど

人は泣くエスむらの涙を見て

どう感じるんだろうか?



別に人前でプリンスを失った悲しみで泣いちゃうなんてことしてないけど

万感の思いがこもったこの涙は

見ている人にはどう映りどう感じられるのだろうか

とふっと思ってね



わーこの人プリンスのファンやってんなー

程度か

追っかけしてたほど青春の一コマ的な大事な人を失ったのねー

程度か



エスむら個人が無言で泣いたところで

そんなところだろうな



エスむらの涙には

プリンスファンの涙には

千や万もの思いや背景や愛が込められている




歴史的なもの

音楽的なもの

彼という人格

彼そのもの

それはそれはもういろんなものがあって

それについての思いが込められた涙



もちろん彼個人を失った悲しみ

青春を失ったような悲しみもある



一個人の思い出なんかを凌駕するプリンスという音楽の巨人を失ってしまった恐怖感や

歴史的喪失感

それもあるし それだけでもない



ちっぽけな個人の私的な涙だけど

この涙に含まれたその意味合いは決してちっぽけではない



なにせ何に対して泣いてるかっていうと

あの プリンス

についてだからね



この涙は 苦くて甘くて 深くて重くて複雑な味と色がするんだ







337C02E200000578-3556909-image-m-29_1461546784859.jpg



なんの祭だ

エレクトリックチェアフェスティバル

そう あのエレクトリックチェア



あのプリンス※にやられた人多数     

やっぱり震えたよねって人多数

Electric Chair - Prince 1989 SNL 15th Anniversary Special

これです

いつも通り飛ばないよー  ググれ! 飛べ!


smile.jpgd9797b167255cc0813681ba8e6a735d2.jpg
Vid5.jpg



スモークたきすぎやで 


エスむら なるべくこのセリフ プリンスに対して使いたくないんだけど

この最初っから最後まで一分の隙もないほどカッチョよくて可愛いプリンス見ちゃうと

プリンスー 抱いでえええ

とやっぱり言いたくなっちゃう すがりつきたくなっちゃう

そしていつも通り振り払われる


04-prince-snl-tribute-2016-billboard-650.jpg



この動くプリンスにやられてください  やられるのヤは殺すのヤ





祭のアイテム参照:

多分充電式

結果いつでも素敵やけど

I'm guilty




will2_1bhllmu-1bhlln8.jpg




女の子にしちゃ悪くないね

とか言ってしまうんだよねプリンスって男は



映画サインオブザタイムスで

シーラEがすんごいドラムを魅せたあと

しれっと殿下がいっちゃうセリフ



これは 女をバカにしてる

と言われがちなツッコミどころたっぷりなセリフ



女をバカにしてるだあ?


映画パープルレインとかも

女性蔑視とか言われてる


プリンスは男尊女卑?



まず プリンスは男男しいと同時にプリンスは女々しい とんでもなく女々しい

そして彼は女性を愛し 崇め

自分も愛し 崇め

男にはもちろんめちゃくちゃ厳しくて

女にはもちろんめちゃくちゃ甘くて

人間を崇拝し

神を崇拝し


うーん



かわいそうなプリンス



そうプリンスってかわいそう     伝われニュアンス



もうめっちゃくちゃやあ



プリンスは一貫性がないのか一貫性があるのか

一貫性がないことに関しては一貫性がありまくる

とエスむらはよく思う あまり優等生ではないプリンスファン


遊ばれて ア ゲ ル  参照



その弱さバカさ それでも進んじゃう感 人間臭さ丸出し感

そこも いや そこが好きなんです

プリンスファンは寛容にもなるっちゅうねん プリンスに鍛えられて



それになんとゆうても

プリンスだから

という免罪符がある

あの人は「プリンス」という切り札を持っていらっしゃる



プリンスだからしゃーねーわ と

何やってもどうしたところでプリンスだ と

思わされちゃうのよね あたしバカだから

てゆうかプリンスは魔法使いだから



魔法使い と言ったりして プリンスの音楽の才能には敬意を払いつつ



惚れた弱みなんだよね 結局はね




あはははバッカでーーーす\(^o^)/







tumblr_omce5lajzR1w58y5go1_1280.jpg




帰り道プリンスを聴きながら歩いていると恐ろしいほどの心細さに襲われる

自分で驚くほど 心細い

こんなにも頼りない気持ち


そして涙が出てくる



翌朝 プリンスを聴きながら坂道を登っていると

こんな世界になっても まだ希望とかがキラキラ光っている


世界はこんなにも美しい


世界は希望に満ち溢れ 美しい




その希望や美しい世界がまた エスむらの涙を誘うんだよ



プリンス 





tumblr_obs89mAd7M1v0iooao1_540.png



プリンスの演技力ぅ?

プリンスは演技うまいと思うぞぅ?

映画パープルレインでは泣いてるプリンスが見られるのよ

貴重なんだから



↓ここはプリンスの父親が自殺を図り

自分もその衝動にかられるという問題のシーンだすねん 


atumblr_o7cnq3qilk1v0iooao1_400.gifbtumblr_o7cnq3qilk1v0iooao2_400.gif
ctumblr_o7cnq3qilk1v0iooao3_400.gifdtumblr_o7cnq3qilk1v0iooao4_400.gif


見てよこの迫真の表情

首を吊ってブラーンとしている自分の遺体の幻想をフラッシュバックで見てしまうという衝撃のシーン


ダメだ! 死よ 俺を捉えるな! という表情でしょうか


moonbeam levels でも歌っているじゃないか

彼は本当は死にたくなんかないんだ  って



…はあ 自分で書いてて重かったわ  なんやねんなプリンス  ←プリンスに文句



参照:
真実は闇

パーポーレーン

映画パープルレイン

おっしゃあ!みんな行くぞぉ!

友よ さらばとは言うまい


a.gifb.gif

(ジジジジジジ…) JL:わっ オメー   P:はい(なんか渡す) ぬふふふ

c.gifd.gif

P:ごめん マジで我慢できなくて…んふふふ  JL:この人ライブですごいパフォーミングしてくれはります

e.giff.gif

JL:でもこの人俺をおちょくることばっか考えてたん  
JL:この音楽界で最高にクリエイティブな男のギャグレベルはこんなもんです



こんなとこでしょうか


ぐっと押さえたらジジジジと振動が起こる装置を手に仕込んでから

ジェイレノおじさんと握手したプリンス


小学生か



プリンスはいたずらを仕掛けるのが大好きだったようで

このジェイレノおじさんとはトラップかけっこしまくってたみたいです いいねえ


参照:
いたずらっこプリンス

大せーいこーぅ チャッチャラ〜


aatumblr_o7rl3kiwQn1vsl6nbo1_400.gifbbtumblr_o7rl3kiwQn1vsl6nbo2_400.gif
cctumblr_o7rl3kiwQn1vsl6nbo3_400.gifddtumblr_o7rl3kiwQn1vsl6nbo4_400.gif
eetumblr_o7rl3kiwQn1vsl6nbo5_400.giffftumblr_o7rl3kiwQn1vsl6nbo6_400.gif

 
そしてこれ

これエスむら定期的に載っけてるんじゃないでしょうか ってくらい好きなヤツだ


君の顔がすごく良かった

君の唇に触れたかった



ですってよあらいやだ   


そら 女どもが群がるわい ってな具合の色気です

実際特にまたこの頃のプリンスは何股しとんねん な時期じゃなかったとですかね? 




重いのから軽いのから そしてこんなカッコイイのまで

ちょっと載っけてみました