nu439emxtoi8984n.jpg



彼女はクールで

若く美しい

オレはめっちゃ醜い

彼女はピーチ




って歌ったころのプリンス自身は

客観的にみて

最も美しく充実した時期



ほんまにお綺麗でした



そんなキャリアも自信も美しさも

年齢的な充実度も満点満開だったプリンスが

こんな歌詞を歌うのって

当時も今も

なんだかしっくりけえへん歌詞やなーおぃ


って思っててんけど



このはてしなく続くであろう

プリンスのコンプレックス感


これが らしさ なんやろかなぁ



彼らしさが如実に出た歌なんかなぁ





PVとか プリンスの表現の仕方としては

非常にふてぶてしく自信満々に見えるのだけれども


この自分自身への自信

オレはカッチョいい


と思っているのと同じくらい

オレは不格好だ

オレなんて彼女に不釣り合い


と真反対方向へのパワーもなんだかものすごくって

アンバランスでステキ




ほんで

男性がそうやって崇める美しく眩しい女性というものは

なんというか

結婚相手として見ている

求める相手なんかなぁと思います



オレのこの醜さ情けなさダメダメさ

それに比べて

美しく眩く輝く笑顔の彼女


オレのこのコンプレックス

見て 受け入れてほしい


結婚してください



みーたーいーなー




結婚して とは歌ってないけど






求愛の基本形みたいな歌詞なんかなー



p212.jpg








関連記事

コメント 0

新着記事一覧