tumblr_m4eex2WNDd1rn9s03o3_500.jpg



学生:お久しぶりです教授

教授:我々のこの放置具合 今流行りの学会に見捨てられた系かと思っとった

学生:結構以前からこんな感じですけどもね

教授:え?

学生:いえいえ

教授:キミぃ わたしは長年疑問に思ってたことをついに取り上げてみたんじゃよ

学生:今回の研究テーマは?

教授:じゃーん ダーリンニッキーじゃ

学生:じゃーんて

教授:この曲の根本的な疑問となるところの

学生:なるところの?

教授:この曲中でマスターベーションしているのは結局誰なのか?!

学生:教授 そのキーワード これから連呼していくんですよね 

教授:そうだ

学生:このブログ 大丈夫ですかね?

教授:知らん

学生:今回も学会追放の覚悟で取り組まれた研究なんですね

教授:とっくに追放されている気分だが

学生:しかし教授 たしかにちょっと謎ですね

教授:I met her in a hotel lobby   

学生:いきなり英語

教授:Masturbating with a magazine  ここじゃな

学生:教授 英語しゃべれるんじゃないですか

教授:この曲だけじゃ

学生:この曲をそらで歌えるなんて さすがの変態です いえ 研究熱心なんですね

教授:ホテルのロビーで彼女に会った と

学生:はい

教授:エロ本をみてマスターベーションしているときに だな

学生:えらい寛容なホテルですね

教授:うむ ロビーでマスターベーションしてても怒られないホテル

学生:ここですね

教授:そうじゃ どっちがソレをやっとるんか ちゅー話だ

学生:Pのほうか ニッキーのほうか

教授:これはネイティブの間でもどっちなのだ?と問題視されておるようだ

学生:世界は平和なんですね

教授:うむ

学生:で 生産者はどちらを取るように導いているのでしょうか?

教授:おそらく 男とも女とも どちらでもお好きなように解釈してくれ というところなんじゃろう

学生:ホテルのロビーでこんなことしてたら どっちにしても捕まりますけどね

教授:あとに続く歌詞から推測してみよう

学生:Pはニッキーの城に連れて行かれ そのお道具の多さにビックリしたという節がありますが

教授:そうじゃ これがまず仮説1じゃ

学生:あれだけのエロ道具持ちの探求心旺盛 ということで ニッキー説

教授:うむ

学生:ニッキーはPに声をかけております

教授:ヒマならあそばな〜い?

学生:キモイですよ教授

教授:すまん そして誘われたPは抵抗できなかったのじゃ なんせしとーてしとーてたまらんかったのだからな

学生:しとーて‥‥声をかけられるほどホテルのロビーで辛抱たまらんP説

教授:これが仮説2じゃ

学生:最後にはPは発狂してますからねえ

教授:ここじゃな グラィングラィングラィングラィングラィン!

学生:うるさいから叫ばないでください

教授:しかしだ 映像からの考察もしてみよう

学生:これはダーリンニッキーを歌うPですね

教授:このPの手をみてくれたまえ

学生:後ろ手から自分の襟足をいわくありげにナデナデしておりますが

教授:ナデナデどころではない モジャモジャしておるだろうが

学生:なんかイケナイ手つきですねえ

教授:これはもしやの女性性を表現しているのかもしれぬと思ってな

学生:さすが教授 深読みの天才ですね

教授:ありがとう

学生:ということは いたしているのはニッキーということでよろしいんでしょうか?

教授:しかしワシは よりしっくりくるほうはPがいたしておるほうな気がするのじゃ

学生:気ですか

教授:絵ヅラ的にはニッキーがいたしておったほうがお色気があっていいようなもんだが

学生:たいがいな絵ヅラですけども

教授:Pがマスターベーションするというのは案外既出でな

学生:教授 生々しい発言でクラクラいたしております

教授:過去Pはあらゆる曲でマスターベーションを取り上げておる

学生:やはりPは厄介な研究対象ですね

教授:Jack U off にはじまり タンバリン TickTickBang 未発表だがMe Touch Myself

学生:タイトルがそのままですね

教授:Violet The Organ Grinder

学生:これもですか

教授:Pは想いを寄せる女性の写真をベッドに敷き詰め

学生:嫌な予感がいたします

教授:英語で言うところのpumped jumpedを到達点に向かうまでやりつづけるのじゃ

学生:上手い具合に言いましたね 教授

教授:これほどまでに研究熱心で好奇心旺盛なPがホテルのロビーでナニしていなくて誰がするというのだ?!

学生:力一杯言わなくても結構です

教授:ふうふう

学生:教授 研究内容が内容だけに また血走っておりますよ

教授:まだまだ研究がしたい

学生:どこかで聞いたセリフですね

教授:ワシは仮説としてPがマスターベーションしているほうにかける!

学生:教授 単語が単語ですのでお静かに



考察A


考察B


考察B参考文献


考察C


考察D


Darling Prince





関連記事

コメント 1

-  2014, 06. 28 (Sat) 01:00

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧