tumblr_lsosg1uce91qlmakwo1_500.jpg




プリンスはバックバンドにこだわらない


自分の曲をライブなどで再生するとき

ここはこんな風にやって

このドラムはこんな感じで

コード進行はこうこうこうで


とだけある程度指示して

あとは皆さんにお任せなイメージのプリンス

あくまでイメージです



自分の作る音楽へのこだわりや思い入れやらは絶大やろうけど

それを外の力量やらにはあまり期待せず負担かけへん


相手を信じてるから任せるのか

信じてないから諦めてるのか

どっちもがプリンス どっちか分からんのがプリンス

自分の音楽を信じてるから任せるんかな うん



メンバーのカラーや個性はそれはそれとて

プリンスはバンドを自分の個性としては扱わない

このバンドはオレの大事なもんやー ゆうて大事大事に手放さないとか ないやん?

プリンスはバンドを単なる道具として扱いはる感じがいつもいたします



もちろんド下手なんは論外やろうけども

歴代のドラムやキーボードやベースやらを聴いていても

あれこれ技術やセンスが違っておりますやん?


オレはこんな音でこんな風にきっちり鳴らして欲しいんやー!

的な頑固オヤジなこだわり そっち方面に意固地な思い入れはあまり感じませんねん


任せるわー

なプリンスの方が随分とイメージしやすい



若いときや もちろん今だってあれだけの音楽を作り上げる人ですもの

ストイックなところはもんのすごいストイックなんでしょうけども

ある程度泳がせてくれそうなのですよ  勝手なイメージ


最近のドンナちゃん放課後居残り練習とか

アナザーロンリークリスマスの練習でのあのしつこい繰り返し練習とか

こんなんもありますが



ライブでの化学反応やマジックを期待してのお任せもあるだろうしね



プリンスは育てるのが上手いとよく聞きますが   聞くのよ!


そういう任せるとこなんかもプリンスの度量の広さつうか大人つうか

逆に言うたら信じてないゆうかワガママゆうんか冷たいゆうんか




なんといいますか





あああ褒めてるのかけなしてるのか分からなくなってきた



↑プリンスあるある

↑文章力棚上げ





関連記事

コメント 0

新着記事一覧