tumblr_nup0rghpym1r8w2nro1_500.png

            彼は加齢をかくしていないと思う



プリンスの声は耳から深く深く沁み入ってきて もう全身真っ紫(どう発音してよいいのやら)


HITnRUN最後の「六月」では 鹿児島種子島?の紫芋並みに中までしっかり紫に染め切られてしまったエスむら

あれ(紫芋)は甘い!   そんな話は今しなくていい



「六月」 水無月

風待月 涼暮月 蝉羽月 鳴神月

とかの異名があるそうです   美しいのう



プリンスの誕生月 六月


Juneという名のアルバム最後の楽曲

別名が パスタソング となりそうな予感


泣 く


きた  琴線触れるとかなまっちょろいの飛び越して 琴線ひっつかまれた



この曲に限らず

前作のAOAでも感じましたが

プリンスの声は だんだん優しくなってきている



そしてだんだん哀しい響きも



声やたたずまいからも感じる優しさと哀しさ



声の持つ魅力が半端なくなってきた





優しい

また泣かされた

mellow

三目並べ

心さざなむ

優しさの正体

ステキなお年のとり方

非暴力



↑ プリンスの優しさを力説しております こちらもどうぞー





関連記事

コメント 0

新着記事一覧