tumblr_o60113vV5A1r8w2nro1_500.jpg




きっとまだ文字にしてここに載せるだけの頭と心ではないし

書くのもとても恐ろしいことだけれど

どうしても眠れません 

体も心もクタクタに疲れているのに

寝るのが怖いのです


寝られないし もし寝られたとしてもきっとそれは失神のようなもので悪夢まじりだろう


それにもし寝て翌朝目覚めたら

受け入れなくちゃならないじゃないか

一区切り入れて この恐ろしい現実を認めなくちゃいけないじゃないか


それとも ああこれは夢だったんだ とそんなことが起きたらなぁなんて甘い夢を見て 

再び現実に打ちのめされるのなんてまっぴらだ



もちろん私だけではなく

今 日本中に 世界中にこの現実を受け入れられなくて苦しんでいる人たちがいる


苦しくて苦しくてネットをさまよって

いろんなところで現実にぶつかり涙する

コメントをくれた方々も苦しくてつらすぎてたまらないはずなのに

こんな私に言葉をかけてくれる

一人一人に今は言葉を返すことはできないけれど

言葉を返さなければ

という気力だけでこれを書いている



信じたくない 

信じられない

信じない

ありえない

こんなのない



プリンスは 60歳も70歳も80歳までも生きると思っていた

だってプリンスだから



それまで一緒に生きていけると思っていたんだ

そして本当の彼の「天寿」を全うした時

やっと納得できたはずなんだ


その頃にはこのブログも私の加齢により閉鎖され きっと彼への思いも整理されており

そんな頃に彼の「全うな訃報」をどこかで知り

ああ ついに彼も天に召されたな 今までありがとうプリンス

と本心から心置きなく穏やかな気持ちで彼に感謝し涙できたはずなんだ


そのための沢山の記事だった

そのためのここだったはずじゃないか



なのに もう 彼はこの世界にいない

この地球上のどこかにいた彼はもういない


「いる」ことが当然だった彼は

この地球上のどこかで息をしていたプリンスは

もう生きていないんだ

その心臓は止まってしまったんだ

その瞼はもう二度と開くことはないんだ


あの綺麗な目をもう二度と見ることはできないだなんて


どうしてこれを受け止められるの?



朝に訃報を知り

それから今までどうしても一人でいられなかった

雑踏の中に身を置いてないと気が変になると思った

一番猥雑で 騒々しい街に出て紛れていないと

頭と心がどうにかなると思った


その街の風景は色が無かった

音もなかった

味も風も光もなかった

ただただ輪郭がぼやけていた



何が起きたんだ?

何がどうなったんだ?

喪失感とか超えて

家族を失ったような

私のここにあるべき心をもぎ取られ引きちぎられたような状況はなんなの?



これからも生まれるはずだったプリンスの新しい音楽が聴けない

彼の紡ぐ新しい音楽が聴けないんだ


プリンスのあのギターが聴けないんだ

プリンスのあのピアノが聴けないんだ

プリンスの今の声が聴けないんだ



プリンス 新しいギター作ったって写真見せてくれたじゃないか

YAMAHAからピアノをプレゼントされて それを弾くんじゃなかったのか

こないだ自転車乗っていたじゃないか

ジョッシュとハンナの新しく生まれてくるベイビーも抱っこしてやらなきゃいけなかったんじゃないのか

マイテにきっと何か話したいことがあったんじゃないのか


寝れないから 悪夢が覚めない気がする



RIPとか言えるわけない

受け入れて落とし前なんかつけられるか


なぜなんだ なんでなんだ

なんでプリンスが今死ななきゃいけないんだ




プリンス 苦しくなかっただろうか

プリンス 寂しくなかっただろうか

プリンス 悔しくなかっただろうか



エレベーターでの出来事は

一瞬だったのか

長い時間だったのか




プリンス あなたの最後の瞬間に音楽は流れていたのか





   tumblr_o60gemtduV1r8w2nro1_500.png






ここに来てくださった皆さん

少しでもあなたの救いになるのなら あなたの気持ちを是非ここに書いて出してください

共有させてください


そしてそれは私の救いにもなるのです



そしてそれから

古くからあるプリンスファンのサイトの管理人様たち

プリンスファンのつぶやき

私はあなたたちにも救われていました

今も救われています

こんな時にしか言えないなんて悲しいしバカすぎるけれども

本当にありがとうございます




関連記事

コメント 12

-  2016, 04. 23 (Sat) 08:07

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

えすた  2016, 04. 23 (Sat) 09:24

夢だったらいいのに

Prince の夢を見たような気がします。
優しさに包まれるような。

編集 | 返信 |  

やまん  2016, 04. 23 (Sat) 10:45

最後の

最後の最後の最後まで
期待を裏切り続け
やっぱり、プリンスはプリンスやったんや!
て思わせてくれはった。

心にぽっかりと穴があいたけど
それは彼と一緒に召されたんやから
かまへんかまへん

彼に言いたいのは

ほんまにほんまに今までありがとうもあるけど

やっぱり

こんどはちゃんと寝れ!

これだけや!

編集 | 返信 |  

-  2016, 04. 23 (Sat) 11:02

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

みかん  2016, 04. 23 (Sat) 11:20

受け止められません

昨日から色々さまよってここに来ました。プリンス愛があふれていて、とても文才のある方で、ブログ読んで少し癒されました。ありがとうございます。

編集 | 返信 |  

ペーペー  2016, 04. 23 (Sat) 11:27

訃報を木曜日の深夜2時頃知りました。
翌日に仕事があるからと、泣きながら何とか朝方頃に少し寝ました。
多分、朝方にニュースで知ったら、ショックで仕事に行けなかったと思います。

職場で不意に同僚に「プリンスって人亡くなったみたいやけど、凄い人やったん?あのゲイっぽい人よね?」と尋ねられて、あんまり興味ない振りをしながら、『マイケルとマドンナと同い年のスーパースターだよ、ゲイではないと思うよ、洋楽聴くからちょっと曲知ってるわ。』と返しました。

プリンスの訃報を聞いて出勤できる自分、サラサラどうでもいーです風に同僚に返せる自分に、心底吐き気がしました。

昨晩は、プリンスを避けていたのですが、夫がプリンス見ようよとDVDを持ってきたので、お酒の力を借りて見ました。
改めて曲ごとに、曲のクオリティの高さとパフォーマンスの素晴らしさに感動し、名曲の多さに驚嘆し、今いない事にショックを受ける連続でした。

そんな中、1985年のAMAのパープルレインを不意に見てしまって、号泣しました。
いつもなら、おめでとう!良かったね!と思いながら感動する動画なんですが、昨晩はこんなピュアで気高い魂を持つプリンスがもう居ないなんてと絶望してしまいました。

まとまらない自分語りをつらつら書いてしまって申し訳ありません。
どこにも吐き出せず、ここに吐き出してしまいました。

ここまで書きましたが、私はファン歴3年のペーペーのプリンスファンです。ファンサイトも閉鎖や更新されていない事が多く、snsは苦手な私は、リアルタイムで更新されるエスむらさんのブログに勝手に励まされていました。

私なんかより、エスむらさんを始め、皆さんの方が辛いと思います。
悲しみ、辛さを共有する事で、この衝撃を和らげられればと思い投稿しました。
エスむらさん、この場を作って頂き感謝致します。

編集 | 返信 |  

K  2016, 04. 23 (Sat) 12:13

泣く

昨日の朝、ヤフーニュースでプリンスの訃報を知りました。「ウソだ·····そんな···」
それから、涙が止まらなくなってしまいました。昨日は1日中ダメでした。
追悼が始まっていたけれど、受け入れる事が出来なかった。頭では、分かっているつもりで、命は有限だとも知っているはずなのに。。。
プリンスも次の仕事のことを考えていたのではないでしょうか。アルバムや自伝やツアー
·····。本当に残念です。悲しい。

今日、亡くなる前にヤフオクで落札したプリンスの商品が届いて、また泣いてしまいました。こんな気持ちになるなんて思いませんでした。
でも、プリンスにはありがとうございましたって言いたいです。。
エスむらさん、お体は大切にして下さいね。

編集 | 返信 |  

でいす  2016, 04. 23 (Sat) 13:40

ああ…

僕は昨日講義に出られませんでした。
そんなこと考えられなかったのです。

僕は今21で、かなり若いファンだと思っています。プリンスは伝説です。ですが、この地球上のどこかにいた、だからいつか会ってみたい‼と思っていました。日本に来なくても、自分がお金を貯めて、ミネアポリスに会いに行く‼‼‼プリンスをこの目で見るのが僕の、人生の中で1つの目標だったのです。とにかく好きで、好きで堪らない‼なのに…ああ…なぜこんな悪い仕打ちを…

僕以上に長いファンであるSむらさんが本当に心配です。

編集 | 返信 |  

雪  2016, 04. 23 (Sat) 18:18

セクシーで上品で卑猥で可愛く崇高で意地悪で優しくてシャイで職人で天才で高音で低音のあの声あのハイヒールあのブーツあのダンス 私を皆んなを虜にして サヨナラはないよ 仕事は休めないよ インフルエンザにかかってまで仕事してたprince 休みたくても休めないよ こんな事あるのよね 去年は主人で今年はprince 冗談やめてよ

編集 | 返信 |  

ihiro  2016, 04. 23 (Sat) 20:36

音楽界の損失

はじめまして。
ファンの端くれとして、この信じ難い事実を耳にしてから落ち着かずネットで検索しまくり、こちらに辿りつきました。
タイトルは大袈裟でなく音楽界のみならずだと思います。

確かにプリンスは好き嫌いが分かれるかも知れないが、彼の音楽、芸術性を知れば知るほど底なしの才能に気付かされます。
正に「天才」とは彼の事。
創作スピードも早いのが有名で湧き水の如く新譜は枯渇する事がなかったとも聞きます。
それに加え唯一無二と言われる由縁は抽象的な表現になりますが、誰も想いもつかない発想ができ、それを具現化してきた所でしょうか。
プリンスをコピるのもかなりの難易度でしょうが、それの比にならない程の発想、アイディアがプリンスにはあったと思うのです。

大したファンでもなかった高校時分に初めてプリンスのステージを観て、すっかり虜になって帰ってきた事を今でも忘れません。
それだけ衝撃的でしたし、感動でした。

今はただただ悲しみでいっぱいですが、本当の神になってしまったのだと自分に言い聞かせる事にします。
長文失礼致しました。

編集 | 返信 |  

mayu  2016, 04. 23 (Sat) 20:48

今POP LIFEが流れている中…
混乱していて夢の中にいるのか、これが現実なのかすらわからない…
涙がこぼれ落ちる…

一昨日の夢でプリンスと歩いてた…私は彼に「いつも辛い時にあなたの音楽を聴いてたの!」と言ったら彼はうれしそうに微笑みました。
目覚めてテレビをつけた瞬間、彼の訃報が…

どうか今が夢であってほしい…

編集 | 返信 |  

-  2016, 04. 24 (Sun) 22:51

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧