42116-prince-getty-17.jpg 



決して納得いっていない

まだまだ困惑している


しかし困惑している最中にも

プリンスの死に方がプリンスらしいと

プリンスらしい綺麗な死だなと思っている



プリンスの死は 突然死とか急死とか言われている


人に見られていない時

苦しんでいる姿を見られていない形で死んでいったプリンス


その死は人々をびっくりさせ

プリンス自身も今回はきっとちょっとびっくりしていると思う

スピード感もプリンスらしいんだ



死にキレイだ汚いだなんてあるのかな

それも分からないまま言ってしまうと

プリンスの死は 綺麗だ




人それぞれの死に方ってあるのだと思う

その人が病死ならそれがその人の死に方

その人が老衰死ならそれがその人の死に方

プリンスの死に方は プリンスにふさわしい気がするんだ

こう思わないとやってられないってところもあるけれど

それでも プリンスにふさわしく 綺麗だ



そういうものだと断定しているんじゃないんです

これは感想です


回復するために早々に美化しようとしているんでもない

ただ単純にそう思うから



こんなにプリンスらしい最期を迎えたのだったら

周りはその死を汚してはならない

プリンスに限らず

どんな誰の死も 尊厳を持って迎え入れられるべきだ


真実を知りたいというのと その死を引っ掻き回して汚すのとはまるで意味が違う


プリンスの今回の「死」も 彼の人格の一部 人生の一部なんだ




ただちょっと早かった 早すぎた

スピード感もありすぎた



予想を裏切るのはあなたの常だけれども



今回のこれは予想を裏切りすぎた 



それも悪い方に






関連記事

コメント 4

-  2016, 04. 25 (Mon) 12:27

ほんとうに、プリンスらしい

編集 | 返信 |  

-  2016, 04. 25 (Mon) 22:28

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2016, 04. 25 (Mon) 22:39

色々かんがえてほじくると
頭がおかしくなりそうになるし、
どうしていいかわからなくなって不安になるし、
だから、あんまり考えないようにしています。

これからの地球を、未来を見てほしかったし、
彼がどう思い、どう感じるのかを知りたかった。

編集 | 返信 |  

トリンス  2016, 04. 26 (Tue) 06:09

プリンスの死に大ショックを受けた時に、ふと出会ったこのブログ。
高校時代、友人宅で聴いた『1999』。「デリリアス」のキュートさが心に残ったら、プリンスは『パープル・レイン』で、あっという間に全米を支配されてしまいました。
やがて世の中はCD、そしてネット配信へ。プリンスの最新アルバムも聴いたり聴かなかったりになりましたが、アナログ盤時代のプリンスのプロモ・クリップ集は、いつも宝物として手元にありました。
「アップタウン」「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」「戦慄の貴公子」「セクシャリティ」……。
とっても若くて、挑発的で元気なプリンス。
アナザー・ワールドの4月に、雪は降るのかい?

編集 | 返信 |  

新着記事一覧