今日の夢うつつからの目覚めは

やっぱり プリンスはもういない

という思いが強烈で

惨めでやり切れない涙の朝でした


まだまだだね



みなさんいつもコメントありがとうございます



このブログをはじめた当初

ここがこんなに続くとは思わなかったし

なにより

ここに彼の死の記事を載せる日がくるなんて思ってもいませんでした


こんな早くはね



ブログをやり続けているうちに

ぼちぼち拍手やコメントなんかをいただくようになり

ああ プリンスファンっておるんやなぁ

といちいちしみじみ感動していたのです



そうしたら 時にはこんな風に思ったりも


プリンスがまた来日なんてことになったら

そのときは このブログに来てくれた人たちと会えたりするのかなぁ

会いたいなぁ いやぁ でもやっぱり恥ずかしいなぁ

とか気持ち悪くニマニマしながら考えたり

それがまた楽しかったり励みになったりしていました



プリンスがもしまた来日してくれたら


それは叶わぬものとなったのですが

そこはもうなんというか はじめからどこかで諦めはありました


もう来日とかないんちゃうかな と


観るならプリンスの演るとこまで行くしかないんかな と



でも だからって以前と今とでは気持ちがまるで違う


来日してくれようがなかろうが

プリンスは生きていた

この世にいてくれていた


たった2週間とちょっと前には 確実に彼は息をしてこの世界にいたんだ



まさか こんなことをこのブログに書く日が来るとはね




彼の死をキッカケに

やり切れない苦しい思いを胸にネットをさまよい

ここに辿り着いたみなさん


みなさんとは

こんな形で会いたくなかった

プリンスの死を共に悲しむなんて形で出会いたくなかったです



くそう

言ってることがまるでパープルレインの歌詞みたいじゃないか!




私が自分のこの持て余している気持ちをここで吐き出しているのと同じに

みなさんも同じようにここに残していってください


しょうもない過去の記事の数々を読むことで

少しでもえぐれた傷を癒すことになるのなら

やってきた意味もあると思えるのです


そう言ってくれるあなたの言葉がなにより私の癒しにもなっているのです




ほんと パープルレインじゃないけど


あなたの悲しむ顔なんて見たくなかった

笑顔のあなたに会いたかった

笑顔を見たかった




ほんとに


まったくなんて詞を書いたんだ プリンス




関連記事

コメント 10

R  2016, 05. 08 (Sun) 11:44

エスむらさんの言葉が響いてうるっとしちゃいました。
今日のBSプレミアム楽しみですね。
エスむらさんの愛の溢れる感想も楽しみにしてます!

編集 | 返信 |  

-  2016, 05. 08 (Sun) 12:05

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2016, 05. 08 (Sun) 14:55

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

椿  2016, 05. 08 (Sun) 15:12

パープルレインが

またまたエスむらさんのブログを職場でうるっときた瞬間、ラジオからパープルレインが掛かりました。事務所内にたまたま最近上司が設置したものでたまたま聴いてたローカルな局から。こんなところにも、あんなところにもプリンスはいる。いてくれるんだ…。。

編集 | 返信 |  

-  2016, 05. 08 (Sun) 17:32

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

ニッキー  2016, 05. 08 (Sun) 18:07

ありがとう

エスむらさんの書く一言一言が、一番本質をついていて、私の気持ちにぴったりきます。過去ブログも毎日読ませてもらっています。こんなに愛されて理解してくれるファンがいて、プリンス幸せじゃん!!なんでいなくなったの!!って涙が出てくるけど、エスむらさんのブログですごく救われています。

本当に唯一無二の存在でした。大げさじゃなく私の一部も死んでしまった。

私在米20年近いんですが、こちらの処方箋制度、本当にとんでもないです。殺す気か?っていうくらい強い薬、痛み止めに限らずぽんぽん出ます。こっちでも彼の死因についてあれこれ言われてるけど、よくあるそのへんのミュージシャンみたいに快楽や曲作りのために薬をやってたみたいに言うな!プリンスみたいな超天才は、もともとそんなの必要ないわ!って暴れたくなっちゃいます。

ただただ痛くて耐えられなかったんだろう、彼みたいな無限の才能を持つ人も、肉体を持った人間で、超過労の中無責任に出される強い痛み止めに命を奪われてしまったと思うと、かわいそうでくやしくてたまらない。。。一人で倒れたときに何を思ったんだろう、怖かっただろうに、手を握ってあげたかったって思わずにいられないです。

編集 | 返信 |  

ihiro  2016, 05. 08 (Sun) 19:56

的確な心理表現

こちらに辿り着いてから、エスむらさんの過去記事を時間をみては読ませて頂いてます。
本当に私たちファン心理をおもしろ可笑しくも的確に捉えているのに感謝の気持ちで一杯です。

これからも気持ちの赴くままで良いので不定期でも良いので本ブログの継続を宜しくお願いします!

編集 | 返信 |  

-  2016, 05. 09 (Mon) 00:20

今BSプレミアム観て、もどってきました。
やっぱりここでようやく息ができる感じです。

プリンスとはものすごく俗悪で過剰でギラギラしていて下品で露悪的で徹底的に「悪」であり、だからこそクリスタルのように透明で冴え渡るように美しく、息をのむほど鮮やかでキュートでセクシーで、一瞬の人生、生命そのものを無条件に讃歌していた偉大なアーティストであること。

これが伝わる相手は、エスむらさんと本当に彼を愛していたファンだけだと思います。

来日は叶わなかったですが、いつかエスむらさんと会ってお話ししたいです。
いつか、できる日が来たら。

編集 | 返信 |  

あまのん  2016, 05. 09 (Mon) 00:50

No title

プリンスの死後、悲しくて悲しくて、毎日毎日プリンスのCDを聴き、ネットで画像を探し、ライブやPV動画を夜中まで観ては号泣しています。
どうしてこんなに寝ても醒めても彼の声が音楽が姿が頭から離れないのか…。自分でも良く解らないまプリンスを探して探して彷徨いこちらにたどり着きました。
たどり着けて良かった、本当に救われました。
エスむらさん、そしてここに集う皆さんと同じく…同じくとは言えないかな、私なぞ何も知らないひよっこですが、身体の芯がプリンスの音楽を求め彼の姿に痺れ影響を受けていたのだと知りました。唯一無二の存在、彼はプリンス。

エスむらさんの仰ってた通り、彼の死を悼む形で出会うのではなく出会いたかった。

過去のブログも少しずつ拝見しています。プリンスのパーツについてなど、そうそう!!と膝を抱え身悶えしてしまいます。またレビューのレッツゴークレイジーのピンポン玉を鳴らし様な音の事とかも!!
ゲイみたいと気持ち悪がられプリンス好きを誰とも共感出来ずにいたので嬉しいです。

仕事中、電車の中で、プリンスの歌が聴こえ姿が見えところ構わず涙が溢れてしまいます。様々なニュースにも心乱れてしまいます。

まだまだエスむらさんのブログに頼ってしまうと思います。

編集 | 返信 |  

-  2016, 05. 09 (Mon) 13:58

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧