tumblr_o6t9f7dgQi1rn9s03o1_1280.jpg 




歯医者の診察台が静かに上がる


横たわりながら

ああ 検死台もこんなんかな

いや 死んでいるんだから冷たいただのステンレスなのか

なんて考えている



あの いつも綺麗に身を整えていたプリンスが

青白い顔で唇も荒れ 服も着ず 髪も乱れ 真っ裸で検死されたのかと思うと

たまらなく気が遠くなりそうになった



その体は きっと ものすごくやせ細っていたのだろう

それでも きっと ものすごく美しかったにちがいない

その顔は きっと 深い深いものだったのだろう



その細い体でやりこなしてきた

数々の驚異的なパフォーマンス


その利発そうな頭の中には

沢山の音楽が溢れていたはずなんだ



プリンスのファンでなくとも 医師というプロであろうとも

プリンスの死体を前に

何か感じるものはあっただろうか


あってほしいなあ




治療の痛みなんか全く感じなかった 感じられなかった


感情のマヒってすごいね






関連記事

コメント 0

新着記事一覧