Prince-Paisley-Park.jpg  



プリンスがいなくなって

気持ちはぐるぐる行き来するもの

前向きになれたりちょっと立ち止まったり


それは私に限らずどなただってそうでしょう


そりゃしょうがないよ 

彼の存在はデカすぎた

彼の死はデカすぎるよ


死を受け止めるとかってそういう心の行ったり来たりをしっかり見つめることなんか


ただ この苦しい作業を支えるのは

健康な精神 生活 体 環境 関係


自分の気持ちを客観的に見るには 上記が必要

そういうものに支えられて 死や自分を見つめられる


私は正しくプリンスの死を捉えられていると思っている


ちゃんと笑ってるし 日々に日常に 感謝している



彼の死を受けすんなりと止められないのは そりゃしょうがない

時にやさぐれるのも 悲しみに沈み込むのも 時にしょうがない

立ち止まって進めないのは 今はしょうがない

必要な行程でしょう



だけど もし根本的に受け止められなかったら

拒絶だったら

それは きっと自分を受け止められていないということ


それはプリンスが生きていようがこの世からいなくなろうが

関係ないところ



自分を愛そう


プリンスは正しく自分を愛していたと思う



私はそんなプリンスを愛していたし

そんな自分も信じている


人には人の「プリンス」があって

私の「プリンス」観には納得できない方もいるかもしれない


だからこそ

強要はしないしされたくない

私は私の信じたプリンスを信じている



自分の人生や彼の死を丁寧に見つめ慈しむには

環境が粗悪すぎてどうしようもないと嘆く人がいるかもしれない

生きる条件なんて人それぞれで

むやみやたらに一緒くたに とてもじゃないけど頑張れよ なんて言えない


でも だからこそ粗悪な周りはもう周りの責任にしちゃえばいいじゃないか

ほっといたらええやん 

自分の個は 自分の人生は自分のものだから



自分を信じよう



プリンス好きやったんやろう?

プリンスに気付き 聴いてきたんやろ?



そんな自分を愛そう




彼は自分の生と そして今回のこの「死」をもってして

こんなことまで考えさせてくれるんだな



なんかすごいな




ここんとこ毎回の恒例行事みたいになってるけれど

やっぱり言っとこう



プリンス 愛してるよ!





なんか色々の単なる確認作業






関連記事

コメント 0

新着記事一覧