f8e555be3a07d19de364687db276a8082.jpg 




ひと月前の  4月22日  金曜日の朝5時過ぎ


平日はだいたいそのくらいの時間に起きるエスむら


寝覚めの携帯のアラームと

寝ぼけ眼でいっぱつめの恒例メールチェック



エスムラさん・・・プリンスが・・・

本当に 永遠に目を閉じちゃったよぉ

どうしたら良いのか・・・




さーっと   一気に血が引いた


え?   え?


一瞬何のことか分からなかった


混乱とドキドキなる心臓と冷たくなった震える手でいろいろチェックする


彼の死を知ったのは こんな感じだった



今この時この瞬間のことを思い出すだけでも‥‥怖い ものすごく怖い


だってあの時から全てが変わってしまったのだから



その報らせを知ったのは22日の金曜日


私は前日21日に「金曜日あたりにプリンス祭りでもするかなー」

プリンスのライブ映像やPVなんかをまとめていて

これを肴にお酒でも呑もうって思ってたんだ


思っていたところだったんだよ



誰かがコメントで言っていた


◯◯前からプリンスにハマって それからずっとプリンス漬け

亡くなる前日に彼の映画を見て痺れていたところだった

なぜか今頃プリンスの魅力に気付いて聴いたり見たりしている

友達とプリンスの凄さ素晴らしさを語っていた矢先


みんなそうなんだ   そうだった



プリンスはその人の生活や人格や人生に入り込んでいて

あまりに「今」だった

決して過去のレジェンドなんかではなかったってこと



デビュー当時から我々を刺激し

今の今まで

そう  亡くなる前日   その間際まで

プリンスは我々を刺激し続けていたんだ



あなたの横 もしくは  先を歩いてくれていた生きているプリンスが

急にいなくなった



喪失感とは

こういうことなのか

こんなに生々しいものなのか と



みなさんもそうでしょうが   死は今までも周りにあったんだ

あったんだ けれども

死  というものを  はじめてしっかり考えている

見つめている



しかし

エスむらはその日から音楽が聴けなくなってしまいました



プリンスがあちらに旅立ったその日に 

Over the rainbow   がふいに流れてきたんだ


プリンスが歩いていったかもしれない

ペイズリーパークから天に伸びたあの虹が思い浮かんでしまった



しかしその定番の曲を美しいとか感動的だとか思うには


まだまだキツすぎた




ひと月なんて まだまだプリンスが近すぎる


まだまだ遠くから見られはしない






関連記事

コメント 0

新着記事一覧