tumblr_oc2667PRzP1rm6w2vo2_1280.jpg



寝入りばなだろうが 深夜も朝方も関係なく

まだ夢とうつつの間で涙流して声をあげて泣いてしまっている



夢とうつつの間

いわゆるレム睡眠のときなんやな


うとうと半分寝て半分起きてるようなときに

エスむらは「超本心」をあらわにしとるんやな


そんなとき人は本当の気持ちをあらわにできるんやな



悲しい とか そんな薄っすらとした穏やかな感情ではない

辛い 辛いよー いやだー!と叫ぶような何かを掴むような そんな激しく強い感情


レム睡眠行動障害というのがあるらしいが  むむこれかな

軽くコレ いっちゃってんな きっと



それに生活の隙間 ほんの隙に 泣いてる

泣こうとしてるんでなく  勝手に泣いてしまう



何かをしなきゃならないときや ルーティンワーク中 対人 そんなものが1日の生活のほとんどだけど

そのしなきゃいけない何かと何かの間

ほんのちょっとした何もない時間

無の瞬間


そのときに泣いているみたい


言葉通り 暇ありゃ泣いてる という状態やね

きっとその無の瞬間てのは 起きている日常のレム睡眠時間みたいなもんなんかな



昔あるマンガの主人公が

ペコリと挨拶をして 下を向いたまま顔を上げなかったときこんなセリフを言っていた

「下を向いちゃうと涙が勝手に流れてきちゃうのね」 的な

テヘヘと照れ笑いして涙を拭うシーンを思い出す


それやん ホンマそれ


下向くと勝手に涙がどわわわわと溢れて流れ出るねんホンマ

涙タンクがバカになっている



やばーやばばばばば


もうこんな状態 人に言いまくった方がむしろ良いような気がするよね

黙ってるより こんなに私ヤバいねんと話した方が心理的体調的に良さそうやね



なんとなくそう思う




関連記事

コメント 0

新着記事一覧