m1ezqjnav0q2_20160930190418556.jpg




プリンスという肉体をもった人生は 57歳で幕を閉じた

しかし その濃度たるや

これは普通の57年間では到底なしえない濃度のはず



仮に

仮にプリンスがまあ例えば70代80代まで生きてくれたとして

その生涯作品量 人生の質量を見たとき

濃さは薄まるか?



57歳からの約10年後20年後に今までの濃さを希釈したとして

これまでの57年の濃厚さはまんべんなくマイルドになるか?

と考えたら


ならんと思うん


相変わらず濃いと思うん




ならば

57年からぱったりプリンスがふっつーになって創作をやめて好々爺で過ごしたとしても

そう 残りの10〜20年を真っ白けっけのお花畑で過ごしたとしても

それでもきっと濃い

通常の人と比較したらどえらい濃いと思うん



しかも簡単に想像できることだが

プリンスは きっとその残りの10〜20年間も

また濃く生きはるねん!


生涯通じてまんべんなく濃いいんかい!




それでは肉体がもたないから

肉体という乗り物を乗り捨て

きっと私たちがわかる分だけの精神だけここに残して

この世からさっさといなくなってしまったのか




魂だけを残して




もう少し あなたの濃い人生を見たかったなあ






関連記事

コメント 0

新着記事一覧