tumblr_oe9rxbq5Jx1rm6w2vo3_540.png




最近は羽生選手のSPの演技をよくよく見させていただいてました

まぁそりゃあねー

そら見てしまうわなー



で 

ああ こういう人って 宝物なんだって

スケートの国から贈られてきた宝物なんだって

いや スケートに限らず どこか特別なところから贈られてくる宝物みたいな人って

どの分野にもどの国にもどの時代にもいるんだ

って思って見ていてね



エスむらはプリンスのファンだから

プリンスファンの立場からプリンスのことをそういう風に感じて見ていたのだけれど



きっとそういう贈り物みたいな人ってのは

きっと約束された数しかいなくて

神さまは闇雲に放出はされなくてね

一定数ポンと天からプレゼントされて

彼らはその自分の使命 贈られてきた意義 運命を自覚し

謙虚に努力し続け 世界にその授けられた才能を還元するんだ



プリンスはその(エスむらが信じてもいない)天の神さまが

もう戻りなはれ

と急に思い立ちあっちに連れ戻されてしまったのでしょう


返せ!




世界はその贈られた才能に気づく人々 知らずに生活する人々が生活していて

それはいい悪いでなく そういうものであって

それでも 贈られた者達は自分の使命をひたすら黙々と全うするんだ



そして

贈られた者たちによる素晴らしい創造物により

世界に少しずつだったり大幅にだったり

物理的にも精神的にも

影響と作用を及ぼし世界を動かし潤す



エスむらのような凡人はそれらの作用の及んだ世界に住み

時にその贈られてきた創造物や贈られてきた者そのものに感動させられ感化され

こうやって影響はしょうもないながらもブログを作っちゃったり

絵にする人もいれば ダンスや小説や自分の仕事や

人生そのものに反映させたりするんでしょう



この宝物という存在

やっぱり周りが大事にしなければ



大切に大切に その使命を全うする姿を見守らなければ

彼らの仕事をサポートせねば




失ってより一層感じる



思い知るよ






関連記事

コメント 1

-  2016, 11. 26 (Sat) 19:43

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧