21princeportrait1w750h560.jpg




どうしたいんだ エスむらをどうしたいんだあ


今日はプリンスのベストアルバム4everが発売され

プリンスの本1958-2016が発売された

その同じ日に羽生結弦選手のショートプログラムがありました



そこに「なにか」を感じるなと言う方が酷な話でしょう



103.89

一人ダントツの100点越えの一位

エスむらは全くスケートのシステムが分からんけれども

と とにかくこれは凄いじゃないか



今日はもう心がグチャグチャだ

良いとか悪いとかぶっとばしてグチャグチャだ



発売されたばかりの本を一気に読み終え その本を閉じたまさにその時

羽生選手の演技が始まったのだ



NHK杯をなぜか立って見ていた

テレビに向かいながら

ありがとう ありがとう

としか言えなかったエスむら

もちろん泣きながら



スケートを舞う羽生選手を見て泣いた

そして

テレビに映る羽生選手の応援の方達を見て泣いた




そう

あなた達の姿が映った瞬間 グッとこみ上げるものを感じました


羽生選手や 応援するファンの方達を見ながら

感謝の言葉しか言えなかった

ありがとう ありがとう



紫の服に変わっていた羽生選手

髪を伸ばしアシンメトリーに整えた羽生選手

より濃度を極めた表情

軽やかさとしっかりした重さ

バネのような強いしなやかさ

ズサーーッの肉感性


生きてる

生きている羽生選手がプリンスの曲で舞っている



彼は生きている


彼 とは 羽生選手であり プリンスであり

彼の「生」がグイグイと迫ってきた



プリンスが羽生選手の中に生きているとかそんな話じゃありません

イタコとかの話ではありません

そんなつもりで見てませんし感じてません


観念的なはなし



羽生選手の今までのイメージは

少年性というか 綺麗な人だなあ

だったのですが


男に 男性の顔になられましたね

全体の雰囲気から今回強く感じた


表情や輪郭がくっきりと太く濃く影があり

色っぽさすら感じられたのです


上質な色気でした



技術的なこと分からず書けずにすみません

それにエスむらの主観的なことしか書けなくてすみません



それでもこれは伝えたい


ありがとう

美しく強いものを

「生きている」というものを感じさせてくれて

ありがとう








関連記事

コメント 0

新着記事一覧