tumblr_ohcskxRhzx1vyd86po1_1280.jpg




このブログをはじめた当初

ここ日本は未曾有のプリンス干ばつ期だった

日本に来ないどころか

プリンス自身がミネアポリスで何してるかわからんかった 一般的に

プリンスはいっときも止まらずなんかしらしていたが



アルバムはプリンスにしては珍しく数年インターバルがあき

毎年アルバムを出すという紅白歌合戦のような恒例行事な人なんだけど

どういうことか数年あいた



しかしプリンスに飢えていたエスむらは とにかく新しいプリンスが欲しかった

新しい 新しいプリンスはどごだあ

プリンスを プリンスをよこせええ


とはじめたのがこのブログです



とにかくプリンスという単語が欲しくて

プリンスのプの字が欲しくて

なら私が毎回呪って違ったつぶやいておったらええんやと

新鮮なプリンスというものをここにきたら目にできる 感じることができる

そんなブログにしたかった


同じくプリンスを感じたい人たちがここにもボチボチやってきてくれた



しばらくブログでプリンスプリンスと呪って違ったつぶやいてたら

プリンスはサードアイガールを仕掛けてきて

そこからはみなさんご存知の通り



もうそこからはオート作業 オートマティックで

プリンスの繰り出すあれこれに振り回され

喜び驚き笑って期待してやってきた  やってこれた



0421以降

もう新鮮なプリンスは与えられなくなった




当初はプリンスプリンスと言わざるを得ない精神状態

どうしていいかわからないから

ただの混乱 ひたすら混沌


そしてそんなエスむらと同じような気持ちの人たちが

ここを訪れてくれた



プリンスへの溢れる気持ち

それは誰のものも いつでも 新鮮だった




プリンスの肉体はなくなっても

エスむらも みんなも

プリンスへの気持ちは新鮮なものが常にこんこんと湧き上がってくる



受け止めるものがない辛さ

プリンスその人がいない心許なさ

悔しさ

それはどうしようもなくあったとしても

新鮮な気持ちというものは止められない



それは

プリンスがいようがいまいが プリンスという現象はいつも今までも

インスピレーションの源だったから




なんだかここ最近

プリンスがいたときといないときの違いが分からなくなっている

いようがいまいがプリンスはプリンスだから



こんなこと言って だからって視界がクリアーになったわけではない

相変わらずの霧がかかったような状況

この霧はきっと晴れはしない

クリアーになったからじゃなく 単に混乱してるんだな



この世にいようがいまいがプリンスはプリンスだ なんて考えるのは

単なるマヒかもしれないし

辛さから脱却したいという無意識がそうさせてるのかもしれないし

素でまっさらにプリンスとはそういうもんだと感じることもあるし

いろんな気持ちが複合している



それでもまだまだ無意識でプリンスの不在に身体と心を揺さぶられ

泣いている 泣かされてしまう




きっとまだまだ混沌で

この調子でこのまま続いていくのだろう



何せ霧の中なので続けたいとか辞めたいとか分からないままに今は進んでいますが

プリンスの魅力が途切れプリンスに魅力を感じなくなったら

それが終わるとき 辞めどき‥‥


それなら 終われないなぁ



あの人の魅力が途切れるとかってありえないから



プリンスはこちらが死に絶え細胞が生き絶えるそのときまで

永遠に新鮮で魅力的な存在だから




心に穴を開けたまま 永遠にプリンスに会いたいまま

やっていく

生きていく






新鮮なプリンスをあなたに

とっておきの妄想をおまえに

避難袋

プリンスしばり

ぼやき漫談

全部抱きしめて

キミのこと嫌いになれないよ

夜のごほうび


などもどうぞ参照ください






関連記事

コメント 0

新着記事一覧