tumblr_ohhfxh6GoZ1rm6w2vo4_1280.png




カッケーーー

年甲斐もなくカッケーを連発

はーースゲーー‥

と大きなため息をついてしまった



格好の良いオトコだ



プリンスのあの格好良さを寸分の違いもなく体現した羽生選手

それってどんな表現者もなかなかできないことなんですよ

プリンスのあのえも言われぬ独特な格好良さを



それは羽生選手が自身の格好良い を持っているからだ


格好が良いということがどういうものか知っているからだ





ギターソロの動きの美しさ


丁度上からのアングルで撮られていたため

白のキャンバスに紫色の滑らかでカッコ良い羽生選手がステップを繰り出すのが

より美しくリンクに映えていた



プリンスが Oh no let's go! と叫び 羽生選手がジャンプをコンマのズレなく決める


すごい すごいですね 羽生選手って



そして大好きな最後のキャメルスピン前のアラビアン  めっちゃ勉強したでぇ


やっぱりこのアラビアンつうのが好きみたいです エスむらは


あそこでゾクゾクするもんなあ

音とハマってるからだろうな

今から怒涛のギターソロと大団円がやってくるという震えるような期待感が

あのアラビアンにこもっている



相当早く走ってるのに全てに表情を感じることができた



プリンスだ

あの始まる前の数秒間と演技中の数分間

そして演技が終わってから

観客にどうだ!これが俺だ!という目で見切るあの羽生選手は プリンスだった




なんなんだ?この人は



羽生選手  悪い男になりましたねぇ





そして興奮が収まり

羽生選手にやはり涙ながらに感謝した

ありがとう と



プリンス 良かったなあ


羽生選手がやってくれて 羽生選手がいてくれて


良かったなあ





635968407128664089-D06-PRINCE-GRAMMY-27-20202415_20161210140005017.jpg




最後にブラッボーー!を連発するラテン系の解説者に同調しまくるエスむらもブラッボーーを連発

しかしこの解説ではさみこまれるラテン語?になんだか聞いててウケてしまった

ジャンプの成功時の彼の アッハァァァ という感嘆のため息に

エスむらも大きくうなづきながらも爆笑してしまったよ




案外理想の大人像

変わらぬ光

プリンスとは誇り

超人プリンス人間プリンス

仕事が出来る男

それは厳しいということ

Strike a pose

いいわけ 

カッコイイこと①



ほかほか

いずれも「プリンス」を「羽生選手」に変えても通じると思いますので

どうぞよろしくね





関連記事

コメント 7

-  2016, 12. 10 (Sat) 18:19

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2016, 12. 10 (Sat) 18:35

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2016, 12. 10 (Sat) 21:57

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

まいむ  2016, 12. 11 (Sun) 00:04

反対側からの

フェイスブックの羽生結弦ファンサイトさんに紹介されてました
ゆづの本質を見てくれて
フィギュアスケートを調べてくれて
本当にありがとうございます

編集 | 返信 |  

kaz  2016, 12. 11 (Sun) 09:09

初めまして。
羽生結弦選手のファンの方のブログでこちらを知り、度々訪れています。
私が洋楽を聴き始めたのは中学の頃でした。それから実に様々に聴き荒らす中、プリンスはなぜか手を出しませんでした。
多分、畏れというか、この人に引き込まられたら大変、という直感めいたものがあったと今思い返しています笑
プリンスを羽生結弦選手に置き換えて、という記事も全て読みました。
私は羽生結弦選手のファンではありますが、ソチで初めて存在を知ったほど。その後もライトに応援しているだけでしたが、昨シーズンから突然ハマったクチです。ジュニアの頃など知らないですし、それまでテレビでやっていれば観る程度、日本人選手頑張れーくらいなもんでした。

それがハマってしまいまして汗
まだ若い彼の生き方というか生きてる様が、私には無かったものばかりで目を奪われ、生き様とその感性に憧れているという感覚です。ビジュアルも大変好みではあります。

で、プリンスを羽生結弦選手に置き換えてを読み、プリンスを知りたくなりました。
強い目、優れた洞察力や頭の良さ、人としての優しさや感性、生き方の覚悟とか一貫性、私の貧困なボキャブラリーでは言い表せませんが、とてもとても興味を持ちました。エスむら様がプリンスを愛する域は、私には到底辿り着けない深いものと思いますが、
知っていたのに手を出すことを畏れていたプリンス、これから入ってみようと思います。もともと音楽大好きでしたし新たな出逢いだなぁと思っています。
こちらのブログに来られて良かったです。
朝っぱらから長文すみません。

編集 | 返信 |  

Yota  2016, 12. 11 (Sun) 13:17

エスむら様、ありがとうございます。

この前は長文のコメントで失礼いたしました。

羽生選手、悪い男になりましたねぇ

この言葉が最大の賛辞のように聞こえ、
何だかとても嬉しく感じました。

記事のリンクもわざわざ張ってくださり、ありがとうございます。
大事に1本ずつゆっくり読ませていただこうと思いつつ、全部読んでしまいました(笑)

羽生くんのファンであったことが、こちらに伺ったきっかけですが、
エスむら様の言葉はとても胸に残り、読むたびに発見があります。
これからもお邪魔させていただきたいと思っています。

この度はありがとうございました。

編集 | 返信 |  

-  2016, 12. 28 (Wed) 06:59

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧