tumblr_oi25id4LoD1rm6w2vo3_1280.png




ピアノもそうだけど

絵も 本もそうだ

プリンスの死は

いまさらな原点回帰を引き起こしてくれています



プリンスがいるときは

プリンスの莫大なエナジーについていくのに必死で

振り回されて またそれが楽しくて

今だって振り回されてるけども


とにかく彼はいってしまった



いまさら 何十年も前の自分に戻っている


昔働いていた職場の近くに

自由にピアノを弾かせてくれる大層太っ腹な場所があった

少し人目に付きにくい けれど素敵なピアノが沢山あるその場所は私にとってのオアシスで

会社のお昼休みを狙って

家から持ってきたラフマニノフやらドビュッシーやらショパンやらの楽譜を手にそこに走っていき

今日はこのピアノ 明日はあのピアノ と贅沢にも毎回違うピアノに向かい
 
ほぼ毎日弾いていた


会社の同僚は理解があり

ご飯食べたら今日もいくの?いってらっしゃい

と言ってくれた

お昼休みが終わって会社に帰ってくると

おかえりー沢山弾けた?

とか聞いてくれるんだ


そんな昔話

時々ふと思い出したりはしてたけど

そんなことしとったなー くらいで

だからってそこから先へは別になにも進まなかった



しかし 今

この昔話はエスむらを動かす


そうだった 私はそうだったんだ

私とはそんな生き方をしてたじゃないか


なんてね



毎晩絵を描き 毎晩文を書き

本を読み 何かを作り

プリンスやそのほかの音楽を聴いて

生きてたなあ と

あっちへ行ったプリンスはもう一度思い出させてくれている



プリンスが亡くなったことで

色々な人や物事が動き出し 私に作用する


彼がいなくなったことで心が大幅に動き

違うことが起こりはじめている



そんな感じ





またいつも通りの丸投げで終了




関連記事

コメント 3

-  2016, 12. 21 (Wed) 17:04

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2016, 12. 21 (Wed) 17:40

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2016, 12. 22 (Thu) 20:03

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧