tumblr_oif5paPxLD1rm6w2vo1_1280.png



Desire


Desire, it covers our faces

It happens in curious places

Your body, it covers my tower

Ecstasy is ours




プリンスがファミリーにあげた曲

セントポールが歌ってるものでなく

ファミリーにあげる前のプリンスが歌うデモ版を聴いて

慟哭してました   安定のいつものこと



欲望 それが僕たちの顔を覆う

それは奇妙な場所で起こる

あなたの身体が塔を覆う

恍惚は僕らのもの




こんな歌詞を こんなにも美しく鳴らせる人 いる?   ←いないと言いたい


直近のBlack muse Groovy potential とも同じ質感を感じる


プリンスは変わらないんだ

ずっと最初から最後までプリンスはプリンスだったから




プリンスの初期の曲にハマっています

For you とか Baby  My love is forever とかね


しかもデモ版だったりするものだけど

プリンスは変わることなくプリンスであったということが

聴いてもらったらわかるよ

一ヶ月 黙って初期から最新のプリンスを続けて聴いてみてほしい

プリンスはずっとプリンスだったってことが分かるから



そんなの誰だって当然じゃん

誰だって当てはまる言い草だよ


そうだね そう その通り



けれど

プリンスほど本当に若い時分から覚悟を決めて

分かって 意志を持って

自分「プリンス」を貫き通した人っているかな?って思うんだ




彼は音楽を信じていた

そんな自分も信じていただろうし

きっと人を信じて 人生というやつも信じて生きてきた人なんだろうって思う




恐らくね

1年 5年

いや 10年経っても

私は この失った瑞々しい才能を痛み惜しんでると思う


それほどの人だと思うから



何度も 何度でも言うよ



聖なる思いも汚れた思いも

こんなにも美しく瑞々しく鳴らせる人



その人を失った痛みは


そうそう簡単に癒せはしない






関連記事

コメント 1

-  2017, 02. 28 (Tue) 00:51

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧