tumblr_o9edv9cGoV1v0iooao1_540.png
tumblr_o9edv9cGoV1v0iooao2_540.png
tumblr_o9edv9cGoV1v0iooao3_540.png




夜中も過ぎに過ぎた丑三つ時

怖い人は怖がる時間

そっち(そっちね)が怖い人はね


エスむらはそちらが怖い人ではない



だから昔そんな目に数回あったときも

まぁそりゃそんなもんかなー そんなもんだろなー

と思ったのだ

夏なので  体質とか関係ない   参照



怖くもないし憧れても?いない

信じてもいない

信じていないから怖くないのか?というとちょっと違う

あって当然と思ってるから

そんな世界もあるよね と




見るかもしれないという恐怖も期待もまるでない

タチの悪いのが出てきちゃったらそりゃ怖いだろうし不快だろうけど

それは事故的な怖さで

意味もわからずわかろうともせずむやみやたらに怖がるのとは違う


出て来てもきっと叫びも泣きもしないしワクワクもしない

だって その世界はあるだろう と思ってるから

信じてる とはちょっとニュアンスが違うのです



信じる って願ったり疑ってるってことやん

ある って当然のように思ってるのと少し違うくない?




そんなエスむらがここ最近丑三つ時に期待するようになっていること


あえて信じて願ってしまうこと



プリンス


プリンスだよ



期待している


プリンス



オバケででもいいから

出といでよ



オバケでもいいからさ





関連記事

コメント 0

新着記事一覧