eyesprince.png




シリアスぶりたい訳じゃないのにさ

死は どうしても根っからの「陽」には戻してくれない



深刻ぶりたい訳じゃないのに

プリンスをこんな風に語りたいんじゃないのに

死はどうしてもシリアスに持って行こうとする


特にこの 今回のプリンスのようなタイプの死はね




ポエムか?

自分で自分の文章に笑える

私の本来なんなてこんなんじゃなかったろうに

なんでこんな風味になってるねん



辛い 悔しい

なんでこんなことになっちゃってるんだ



今頃 もしかしたらフェーズ3くらい手にして幸せに浸ってたのかもしれない

今までと同じようにプリンスプリンスって言って

バカすぎるブログの記事を書いてたかもしれない



もっと もうちょっとバカをやっていたかったのにな

もうちょっとプリンスの可愛いらしい愚行に失笑したり感心したりしたかったのにな




思い出したようにバカっぽい記事を書いたりしても

心底からではない

本気で楽しくなれない



愛する対象がある人なら

ちょっと想像力を働かせたら分かってもらえることだと思う

それを突然奪われるという恐怖を


もう二度と心の底から楽しく語れないということを



無理しても その対象は過去のものになっていく

生きた細胞 呼吸をし この地球にいてくれた人だからこそ扱えたノリが

効かない


対象が生きることをとめてしまったから




R.I.P. プリンス とは言えない

夢中の最中だったから

私の中では終わった人ではなかったから


終われてた人なら さよならプリンスと言えるのかもね



どんな形であれ プリンスは生きていてくれていた

57歳だろうが 60でも 70でも プリンスがいてくれれば有効だった

こっちが一方的に離れようが忘れようがプリンスはいてくれたし

思い出したら帰ってこれた



プリンスから離れていた人 思い出してしまった人は辛いよね

想い続けてた人も辛いよね



生きていた人がいなくなるだなんて

それがこんなにもどうしようもないことだなんて




まあ要は 生きがい を失ったんです


奪われたんです




今回は傷が裂けたみたいな記事でゴメン





関連記事

コメント 1

-  2017, 01. 18 (Wed) 21:39

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧