tumblr_oe6zxpcnM71vunlbco1_1280.png




silicon

音的なことでいうととても乾いているのに

よくよく聴くとものすごく粘っこい


このころのプリンスのFunkがすごく好きです 



音数少なーく聴こえてその実とても潤沢に入っている

隙間と空間を知り尽くしている彼ならではの音ですよね



その隙間にはこの音しかない

あの空間にはあの声しかない

って

 

まるで一つもディレイがかかってないのかと思ってたけど 

ボーカルやバックにもところどころ効かせてるんですよね 

エフェクト効かせてないんかいなと思わせといてプリンス匠の技があちこちに



しかもボーカル無機質〜と思って(思い込んで)聴いていたのですが

それはそれは もう粘っこかった!



生々しいハアハアしたブレス音とか

生々しく濡れた粘つく声

非常に肉感的



色気とはこういうことを言うねんで!



それになんでなんすかね


プリンスが非常に近い



このテの曲のプリンスはいつも非常に近い

ほんに 耳の真横でささやきもって歌ってくださっているようだ

横向いたらものすごく冷静で冷徹な目つきのプリンスがいそうだ

脇腹がゾクゾクする

頼む 横にいてくれ



プリンスのすごいなと思うところは

こういったクールでドライな曲調には案外ねっちりと粘っこいボーカル

ウェッティでドラマチックになりがちな曲調には案外あっさりさっぱりボーカル

ってところなのよね



そしていつもの「何人おんねんプリンス」状態のコーラス

もうコーラスじゃないなこれは

普通に重ねてませんもの   プリンスが普通に重ねるわけがない



それこそプリンスAがBがCが Dが もっとたくさんのプリンスのクローンが

あちこちで勝手に歌う勝手にしゃべる勝手にため息つく勝手につぶやきよる


いやあ ええわあ  極楽浄土やん    ←聴き方が間違っている




内容的なことはザックリ知ってはいたけどキッチリは調べてなかったのね


ということで調べてみました


お も か っ た


屠殺場のお話ですからね 



死んだ血がインターフェロンを殺すって 知らなかったの?

とか

免疫性犠牲者が出来上がる

とか

どんな既知のウイルスでも起動 ログオンできる

とか



難しいし怖いねん プリンス




こんなこともよく歌わはる人なんどすえ…






関連記事

コメント 0

新着記事一覧