tumblr_ojfhvoJjeu1rm6w2vo7_1280.png




予知夢ってありますやん

エスむらの見たアレは あれは予知夢やったんやないかって

実は思ってた夢がある



プリンストキワ荘の夢

2015年12月の夢   あなたの顔を描くのが好き 参照



2015年 12月の夢だから  プリンスは存命

その夢を見たとき やけに夢自体が鮮明でやけに詳しく現実的で

なによりラストが印象的だったんだ


そのときは不吉なので考えるのも口に出しもしなかったけど

その夢のラストは

プリンスが街並みに消えてゆくものだった



いまでもその絵を覚えてる


映画のラストシーンみたいだった

彼が背中を見せ 向こうに静かに歩いて消えていくんだ




映画のテクニックで

主人公が長いロードを歩き去る というのは暗喩があって

画面こちら側に向かって主人公が歩いてくるのは その主人公の未来がハッピーエンドだという暗喩で

画面あちら側に向かって主人公が去っていくのは その主人公の未来がバッドエンドだという暗喩

それを知っていたから

その夢の中のプリンスの去り方がはっきり言って怖かった

やだなぁ あっちに消えて行っちゃったよ と

一抹の不安を感じたのに感じてないフリをしたけども



結果こうなったので

この話もまるで後付けみたいに聞こえるよね

そうだろう きっと後付けなんだろう

エスむらの無意識がそうさせてるんだろう



それにしても その夢を見た当時のあの最後の漠然とした不安感

じゃああれはなんだったんだ




もちろんその後プリンスの身に起こる恐ろしい未来なんて知る由もない


全体的な夢の内容も内容だし

イヤだけど 虫の知らせだったんじゃないか って



後付けだろうが思い込みだろうが脚色があろうが


もう今更な話なんだけどね



※ もう一つ予知夢のハナシ パリの夢 





関連記事

コメント 0

新着記事一覧