C1pUJz7UkAEaP6f.jpg




めっちゃ笑えるのに

全く笑えない



でもなんか なんかオカシイ

なにかがオカシイぞう?



そんな複雑な感情を引き起こす人だったね



大ふざけか大まじめか



彼はクラウン  サーカスクラウン

彼は哲学をもったクラウン




ピエロの可笑しさとつかみどころのなさと悲しみを感じさせるプリンスという人は

どこかピエロのような人でもありました



あの声で

Hahahahaha…

と低く笑って演じる時


真実を煙に巻き 少々こちらを嘲笑うように振る舞ったプリンス



その心は

傷つきやすく繊細で優しかったのよね   というファンの欲目



表現の仕方が時に可笑しかったり意地クソ悪かったりバカにしてる風だったり   意地クソ悪いって…



それは柔らかくてキレイなところを隠すためでもあったのね   とことんファンだな



あ もちろんプリンス乙女だったとは言ってません

あんな腹立つ乙女おるか



ときに憎々しげwに振る舞う乙女プリンスでしたが

その挙動すらも愛おしい


全て愛おしかったよ



面白い人だった




エスむら これからもこんな感じで

上げて 落として また上げる

というプリンスファンとしてふさわしいブログを目指していく のかな?   聞くな



怒らんとってねプリンス





関連記事

コメント 2

-  2017, 03. 24 (Fri) 17:17

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2017, 04. 04 (Tue) 19:37

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧