images.jpgimagejjhgs.jpghousea1.jpgab041dfdca6d20b6d2b0357f96316036a0bbf65f.jpg
A66F97F72D6D4E0EBCCEC39AB220FBBE.jpg3370302400000578-0-image-a-34_1461439058697.jpg1461571319484_957.jpg160422072353-09-prince-memorials-0422-super-169.jpg35547428001_4862729920001_4862463968001-vs.jpg90305184.jpg612943660.jpg920x920.jpge5018520160421princedeath19.jpgpaisleyparkfans.jpgstream_img.jpgbe62546dfdc5629f0b8ec9507de27ee1.jpgphotoc85.jpgPrincekjhk400.jpgPaisleyParkjoiu.jpgarticleb57342f2b68447639ef7589c0caa9ee8iE8BB28LLc72f44c9ccbb1222.jpgmmmma72385a6c1dd326025bfacdd56d6d643.jpgmmmmPrince519193.pngmmmm0428park.jpgmmmmaa02720160421princedeath04.jpg



あの時のあのシーンをありありと思い出す 思い出せる 覚えてる


あの時のあのシーンとは

20160421 プリンスの死を知った朝方5時の空気感



ベッドの中でいつものようにメールやラインやブログやらをチェックする

エスむらは大体そうやってぼちぼち目を覚ますんだ


ブログにコメントがきていた

あ コメントだ と開くと

短い文章がなにかとんでもなく恐ろしいことを告げていた


プリンスが 本当に 永遠に目を閉じてしまった?


急激に目が覚めた 覚めたと言うより血の気がひいたんだ



自分で分かるほどみるみる体と脳が冷たくなって上体を起こした

脳みそが冷たくなるってわかる?

これは体験した人ならわかる感覚だよね



え?なに?どういうこと?

全く意味が分からない

え 待って なに?何を言ってるの?


真っ暗な部屋の中を 白く輝く画面のスマホを持って意味も分からずふらふらとさまよった



恐ろしいからなるべく思い出したく無いけども

この感覚にいつでも戻れる

その体感はいつでも思い出そうと思えば思い出せる 細胞に刻み込まれてしまった



一年前のあの瞬間 あの身体の感覚

ここへはきっと10年後でも 20年経っても生々しく戻ってしまうんだ

フィードバックってやつだね


エスむらはこれに この感覚にある意味囚われて 一生付き合っていくんだ



ものすごく鮮明だ

プリンスが死んだって知ったときの暗闇の風景

自分の体で感じてた皮膚感覚





一人でいてられなくて

雑踏にまぎれたくて

一番騒々しくて止まらない渦の中にいたくて

街に出た

そこは色も音も味も匂いも 何も何もない世界になっていた



あてもなく彷徨う

というのは

例えば失恋とか失敗とか絶望とか怒りとかで

彷徨い癒すことも過去あっただろう

人はそうするだろう



けど真に彷徨った



彷徨う というものを真の意味で知った

右か左か前か後ろか

さらには上か下かももう分からず彷徨った



感じすぎると発狂するか泣き叫んで崩れ落ちるかすると分かっていたからか

どこか感情のスイッチをオフしていた



それはプリンスの死を受け入れるとか受け入れないとか受け入れられないとかの

意志の働かない世界だった




なんの世界に放り込まれたのか

分からない世界




多分 あなたも あなたも 世界中のプリンスのファンも

あの時の空気感を生々しく覚えているんだろう


これから先もずっと




そういう意味では


私たちに癒しはない




プリンスに感謝を感じていないとか

ただただ後ろ向きとかではない



前を向こうが後ろを向こうが進もうが立ち止まろうが


そこに愛があろうが愛がなかろうが


プリンスを失ったことに対しては



救いも癒しもない








関連記事

コメント 0

新着記事一覧