プリンスに捧ぐ

こないだそんな気持ちでピアノを弾いたんです


そら弾いたった弾き倒したったで

弾き倒しまくって引きずり回したったんやで

(ご存知かしら?わたくしお下品なんですのよ)



クラシックからポップスまで

そして

プリンス あなたの曲まで

(いや もちろん自分の弾ける程度と可聴域内で)



あなたはリサのモーツァルトに感動してレボリューションに彼女を迎え入れたのよね


きっとリサはあなたにモーツァルト以外の
ショパンやドビュッシーやあれやこれやも弾いてあげたんでしょう

弾かされたっつうか


リサのピアノが好きだったんだよね



プリンス

こないだはショパンを弾いて泣いちまったよ


音楽は美しいね



私のつたないピアノを

これからは毎回あなたに捧げるよ



ヘタクソーー!捧げるならもっと練習せんかーい!

とプリンスのスパルタな檄が飛ぶレッスンになるのかしらやっぱそうなのかしら

なるんでしょうそうでしょうとも

怖いわ〜 スパルタプリンスイイわぁ〜

↑ヘラヘラした感じで読んでください





関連記事

コメント 1

-  2017, 05. 01 (Mon) 23:37

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧