tumblr_opobhcHs3D1vi8235o1_1280.jpg




アレはアレ  単語そのまま載せちゃうとみんな翻訳かけちゃうでしょ?

調べたら あらいやだ ってなってもなんやしね



intercorseだよ   引っ張っといて裏切り行為


エレクトリックなインターコースですってよ

Electric Intercourse 1983年収録  パープルレインの頃の曲だよ

早速 iTunes で買うたがな   そら当然Our Destiny/Roadhouse Gardenも買うたがな



今まで音質の悪いブートで聴いていたプリンスの隠れていないあの名曲この名曲    ブートアカン



す スタジオ盤ってこんなんやったんか!

と驚愕するのは

プリンスあるある



ブートで聴き倒して馴染み倒してきたはずのあの曲が

プリンスが出し渋った悠久の時を経てキッチリリマスターされ

本来の音質 本来の意図の音の鳴りを耳にしたときの衝撃波ドーン


こんなんやったんか

エレクトリックなアレ



ライブ版しか馴染みがなかったもんで

こんな音数少なく(ほんとは少なくない)スカスカな作りやったんか!と驚いた



4拍目が時々アクセントとして抜けるとこがあああ

たまらんんんん

隙間があ  スキマがあああ
    うるさい!



キーボードのインやらしい音が放物線を描いて電子的なグリッサンドでギューーンと降りてくる

そのときに合わせられるプリンスの金切声からの超低音の放物線グリッサンドも

たまらんんんん    だまれ!



なんでその盛り上がりのところで降りるか


きっと百凡のミュージシャンならしてしまうだろう

上にキューーーッと上がりがちなところを

プリンスは下にギューーーーンと下げるのか




下げちゃうんだーー

そんな普通でない一筋縄ではいかないプリンスが

たまらんわあああ



下に下がるからこそ

表現が結果的に生々しい

なんというのかな  リアルさが増す

プリンスの肉感性をこんなとこで感じてしまう




プリンスはバッキバキのエレクトリック電子音で

人肌以上の おとなり数センチ感のぬくもりを
   

出せるのよ



ぬくもり


それは エロみ だ





関連記事

コメント 0

新着記事一覧