tumblr_oqpqzjygdf1vi8235o1_1280.jpg

                  ああ この可愛らしいシルエットはプリンスだよ…




今日も楽しかった

今日も嬉しかった

今日も忙しかった

今日も美しかった



そして今日も悲しかった



一年前のあの日から

エスむらが眠りにつく時 健やかに爽やかに清々しく1日が終わったことがない



どんなに毎日が美しく優しく

弾けるように面白くて感謝や笑いに溢れていても

1日の終わりは憂鬱だ



憂鬱という言葉が合ってるのかすらも分からない



この気持ちを適切に形容する言葉が分からないから

とりあえず憂鬱と言ってみてるだけで

鬱々としているというわけでもない



哀しみと虚しさに満たされて 時には涙を流しながら日々眠りにつく



幸いなことに心が健やかに健康かつたくましいので

病的に沈み込むことも 間違った方向に暴走することも

攻めることも責めることも悲嘆にくれることもしないでいられる



このとんでもない事態を柔らかく受け止められているのだと自分を信じている



そう思えるのは人生 生活が確かに豊かに流れている証拠だ



こうやって自分の気持ちに丁寧に浸れるという環境を与えられていることに気付き感謝もしている



分かっている

タフな心も

美醜を超え それでも恵まれた環境にいるのだということも分かっている


そこには感謝しつつも

健康であろうとも

やはり 辛いものは辛く 虚しいものは虚しい



あの日以来 眠りにつく時のこの寂寞とした悲しみは消えないんだ



誰を責めるでもなく

追及したいわけでもなく

逃げたいわけでもなく

腹が立ってるでもなく



悲しみで1日が終わる



全てを愛してるし愛したいし愛されていると思う

感謝しているし 人生とは鮮やかで素晴らしいと思っている



綺麗なことも汚いことも含めて だ





1日たりとプリンスを思わないで過ごす日が無い

彼について楽しい時も面白おかしく感じる瞬間もあるし

敬意と感謝と深い愛を感じる



このような悲しみの本質まで見せてくれるプリンス

エスむらの知らなかった深く深く複雑で鮮やかな感情まで教えてくれるプリンス



彼には愛しか感じない



愛そのものだ






穴の空いたこの心の状態で ふっと気付いたんだ



それでももうこの心が昔のように無邪気に晴れることはないのだ と




プリンスがもうこの世にいない ということだけで



ただひたすらに悲しみしかないのだ と







関連記事

コメント 0

新着記事一覧