tumblr_oo0yziui461vi8235o1_1280.jpg




プリンスが1年前の4月21日にあちらの世界へいってしまい

この世からいなくなったとき


プリンスのいない世界ということの意味がわからなかった




これからプリンスがいないという世界が始まるということが

昨日まで さっきまで当然のようにいた人がいなくなった世界が始まってしまったということが

その意味がわからなかった



今でもまだ分からなくなるときがある

脳ミソはわかってるはずだが

感情がごっちゃになる


いるように書いたり感じたり

いないという現実にぶち当たったり



さっきもその変な感覚に襲われちゃって

プリンスの写真を見て

ああプリンスはもういない

この人がこの世にいない


とたまらなくなっちゃったよ


なんでこんなに辛いんだろうね



tumblr_onvt5zmTkK1w58y5go1_500.jpg




こないだ10数年ぶりの友人と会った

エスむらがプリンスファンだということをよくよく知ってくれている人

盛り上がる会話の途中で当然プリンスの話になって

あのニュースの時エスむらのことをハッと思い出してくれたそうだ


プリンスのことでエスむらのことも心配してくれたんか?と聞くと

そりゃそうじゃん!

と言ってくれた友人

それだけでもありがたかった



そこからあの日のこと プリンスへの思いを少しだけ語ると

エスむらは涙ぐんでしまってだな

すると友人も一緒になって泣いてくれたんだ



あのニュースを聞いて エスむらのこと大丈夫かなあ?と遠くのどこかで心配はしてくれていただけでなく

そんなにか そんなにだったのか と驚きながらもエスむらと泣いてくれた

あんたがプリンスのこと好きだってことはよく分かっていたつもりだったけど

エスむら 思いはそんなにだったのか と一緒に泣いてくれた


エスむらの気持ちをとても大事にしてくれた友人



プリンスにはそんな青春のすべて 

美しかったり清かったり熱かったり純粋だったりの大事な気持ちや記憶が すべてが込み込みになっているから

こんなにエスむらは混乱しているのかな


もちろん「青春」とか「思い出」とか それだけではないけれども

プリンスは常にエスむらの中で「現在進行形」の人だったからね

今でも進んでいるよ プリンスへの思いは



いずれにしても エスむらにとってのプリンスにまつわるあれやこれやは

複雑で愛に溢れている


ありがとうよプリンス



ありがとうと一言だけで言い切るには まだまだ痛くて辛くて悲しくて苦しさしかないのが本音だし

正直 この状況の意味がわかんない




それでも ありがとう


ありがとう プリンス






関連記事

コメント 0

新着記事一覧