DYQEjUnUMAAJsYFjdjjffiif.jpg




どうした暴走 眠れない4本目




プリンスを通して生を経験して

その次に死を経験した



どこかの外国に行き 住み また母国に戻ってきたり

誰かと出会い 別れ また戻ったり

何かを嫌いになり 時間を置き また好きになったり

人間世界は反復する行動だらけだ


これにプリンスの死を当てはめると

プリンスに出会い 彼は死に 私たちは再び彼の魂に出会えるだろう

とかが綺麗な落ちどころなだろうけども

この綺麗な落ちどころってのは精神論というか 

ちょっとみつをチックというか 


アカン そんな世間が喜ぶみつをチックなもん エスむらには効かへん 効かへんでえ


プリンスから得られるもの与えてもらったもの

彼の魂

喜びや優しさ強さ感動や感謝や愛は否定はしない

そんなもんアホほどもらっとるわい



そういうことではなく ここは生と死の現象の話



もちろん生物の営みとしてみれば

生と死と 生と死と 生と死と の繰り返しだけど


私がここで言ってるのは個体としてのプリンスのこと

プリンスだけのことだから



よくよく冷徹に考えたら

恐ろしく現実的に考えたら

そんな魔法や魔術のようなこと おこりえないのだ


プリンスが生きてこの世にいて 死んで もう一度生き返った


なんてありえないのだ


死は一方通行だから




それをよくよくしみじみ苦々しくかみしめて見つめて考えて感じている

そしてそこから先の風景が広がるのかわからないまま




こんなリアリストやったか



苦々しく見つめている最中です




関連記事

コメント 0

新着記事一覧