1 W0SllqEX2nXDKyX6HbZJyQ




もうやめとくよ ごめんね5本目



プリンスはエスむらがこんなに毎日泣くほど立派な人だったか

人格者だったか



素晴らしいパフォーマーで音楽家ではあったが

プリンスのことを知らない人はまるで知らないもんだし

豊かな人であったとは思うが

それほど知らない人からしたら

プリンスなんてただのミュージシャンだ


そのただのミュージシャンに対してここの温度湿度は

はあ?

なところだろう




なんでここの中の人は毎日毎回毎回泣きながらプリンスのこと恋しがってるんだ

あなたはどれほどプリンスに近づいたのか

どれほどそのプリンスって人の近くにいったっていうのか



その疑問に納得するような答えみたいな

プリンスの素晴らしさなんかも書ききってもいないし

まいどまいど抽象的すぎて訳がわからん


とにかく悲しい辛い虚しいばっかり言ってて

わからない上にキモい



あなたにとって そのプリンスてのは

先生? 偉大なる人格者? 天才的な芸術家? ヒーロー? 心の恋人?

なんなん?



どれもだし

どれでもないし

それだけではまったく足りないのう



ただのミュージシャンであるとかは横に置いといてあげるとして

それでもあなたのその痛いほどの悲しみが意味分からん

て人は

失う という取り返しのつかない事態を経験すれば分かるのか


そんなん 経験しない方がいいけれど



この苦しさの元は 愛だったから



エスむらは プリンスがとても好きだっただけなんです



おかしいけれど これしか言えない




関連記事

コメント 1

-  2018, 03. 19 (Mon) 02:06

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧