DY24T3mWsAA-OeZ.jpg




冬の後は春が来て

桜は咲いては散っていきます


楽しかったこともときめいたことも幸せで打ち震えたことも

苦しかったことも理不尽さで泣いたことも

失った悲しみでおかしくなりそうだったことも


すべては過ぎ去っていく

生きていても死んでしまっても

すべてのものは過ぎ去っていく



時間てものは本当に平等かつ残酷で悲しいものだったのだね


だからこそみんな前を向いて進むしかないし 前へ進んでいける





オリンピック前の プリンスを演じた羽生選手のあのシーズン

それを知り迎えたエスむらみたいなプリンスファン



ほぼほぼ未知の世界だったスケートや羽生選手に対し

浮足立った気持ちや 興奮した気持ちやらで

熱く思ったり 知らないことを学んだり 考えたりして

そうやってあの時から追ってきたけれど

最初から最後までどんなときも真剣に まっさらな気持ちであの出来事に向かい合えた


それは プリンスがいたから

それは 羽生選手が本物だったから




混濁した自分自身の思いと虚しさや苦しさ 悲しかったり重かったり汚かったり

虚無の世界にかこまれても

それでも こんなにも純粋に 綺麗にプリンスと羽生選手を見れた

見続けられた


ずっとずっと美しかった すばらしい体験でした


やっぱり救いだったのだ




プリンスの死だなんて

こんなにもどうしようもならない状況になって
 
どうもならん嵐のような状況や気持ちのまま羽生選手やスケートに向かいあって

なお あなた達は救いだった



エスむらは吹き荒れる嵐のただなかにいたとしても

プリンスや羽生選手を応援する思いに ひとつの不純物もなかった

羽生選手とそのファンのあなた方を信じる思いに ひとつの迷いも不信もなかった

自分自身のやっていることに ひとつのカッコつけも演技もなにもなかった


ただただひたすらに

羽生選手を信じ そしてあなたたちに感謝し感嘆した

余計なものなんかなかった

カッコつけたり偽善のかけらもなく信じきっている人たちを

エスむらも信じきれた


なんせエスむらには余計なものなんか入り込む余裕がなかったからね



あのときギリギリだったエスむらの感覚は研ぎ澄まされていて


これは本物か 本物でないか

愛か 愛でないか

私はそれに感動するか 感動できるか 感動しないか


それだけで全てを体感していたのでしょう



2018年の今 羽生さんやファンの方たちを思うとき

こんなにも心が清々しい

こんなにも心が清潔だ


今振り返ってもこの清らかな体感は変わらない

この気持ち良さに間違いはないよ



間違いはまるでなく

本物であったという確信しか残っていない



______________________________



もうすぐしたらプリンスがあちらへ行った2回目の4月21日になります


一年前の2017年4月21日の前日に 羽生選手はプリンスを演じ氷上で空を仰いだ

羽生選手のファンの方ならよくよく覚えておいでのシーンでしょう

あの上を向く羽生選手の姿と

羽生結弦さんを優しい世界観で描いてらっしゃる方のイラストの天を指すプリンスとが

重なりました


God above 参照




プリンスにごめんなさいと謝罪した人なんか 今までいたっけ?


プリンスに敬意をもってカバーしてくれる人は世界に沢山いる

その表現が側から見てどんなにひどいなと思われるものでも

それは表現世界なのだから誰にも咎められるものでもないし

演者が仮にやっちまった〜失敗だと思っていたとしても

それはそれで単なる自分の表現の範疇の話としてでしか捉えず しまったなー程度で流すもんかもしれん


表現世界で生きている羽生選手は

自分として納得できなかったから

プリンスに謝ったのだ


彼のいる場は得点や順位や結果の世界であるとはいえ

羽生選手ほどの高い表現を求める人にしたら

あれは自分的には許されなかったのだろう


プリンスが許す許さないとか関係なく

表現者として羽生選手は自分が許せなかった

その潔癖さが 表現者として当然の完璧を求める姿が あれだったのだ


プリンスのカバーやプリンス絡みの過去の表現のあれやこれやの中に

エスむらはあれほどの潔癖さを他では見たことなかったから

(自分の表現方法や表現レベルがザッツオッケーと思ってる表現者がほとんどということか)

プリンスに謝るんだ 羽生選手 この人はちゃんとプリンスに謝るんだ

と後で感じ入ったのです




2016年の プリンスがあっちへ行ってたった5ヶ月しか経っていない混乱のころ

その年の9月に羽生選手がプリンスを演じるということを知った


そこからは羽生選手のファンの方はもちろんのこと エスむらも心が騒いだ

それからの日々のこと みなさんきっと鮮烈に覚えておいででしょう

エスむらも鮮烈に覚えている


たった2年前のことだというのに

いや

2年しか経っていないのか もう2年も前なのか



いろんな感じ方で2年前の羽生結弦プリンスをみなさんが思い出されたとき

エスむらの プリンスファンたちのあの日からの気持ちが少しわかっていただけるだろうか


そう たった2年しか経っていないのだ

たった2年しか経っていないのだから

その記憶は相当鮮やかで

生々しいのです



そんな生々しい記憶を持ちながら苦しんだり愛を感じたりしながら

今日のこの日になったのです


この苦しさと虚しさと悲しみを ああ 悲しい苦しいんだろうなぁと少しだけでも感じてくれたら

そうすれば

エスむらみたいなプリンスファンのこの虚しい心が少しは慰められるような気がするのです




羽生選手のファンの方から羽生選手の生と死の告白のこと 教えていただきました 

羽生選手の心の奥の奥のうちのうち 闇の闇 


彼が生きていてくれてよかった


恐ろしい「もしも」だけど

もしも 羽生選手がいなかったら

エスむらは エスむらたちはきっと更に救われることもなくここにいたのだ


もちろんプリンスを演じるっていう未来の出来事もありえなく

この文章も生まれていなかっただろうから

文体的にも時系列的にもまったくおかしなことを言っているのだろうし

まるでSFみたいだし

今だからの言い回しかもしれないけれど

もしそうだったとしたら 私たちは二回 死と喪失に直面していたことになるのかもしれない


不必要な悲しみや苦しみや虚しさが生まれなくてよかった

あってはならない そんなことあってはならない




プリンスを知らなかった人たちがプリンスに思いを馳せてくれるかもしれない世界


そんな世界を見せてくれたのは羽生選手だ


生きていてくれてほんとうにありがとう



きっとこんな巡り合わせ もうやってきやしない

大事な人が亡くなってしまった

もうどうやっても時計は動かない

エスむらの プリンスファンたちの時間は止まってしまったのだ



地獄のような絶望のそんな中 まもなく羽生結弦さんがプリンスに出会い

美しく納得できるプリンスというまぎれもない表現を見れた

奇跡みたいな巡り合わせ



それがもし2018年の今起こっても 今後 先の年に起こったとしても

もう意味が違ってくる


プリンスが亡くなった2016年

オリンピック前のあのとき

あのときだけの唯一無二の出会いだから




それは奇跡だと思うし

ただただ苦しく悲しく虚しい2016年の思い出を

羽生選手やファンの方たちは違う別の場所から鮮やかで爽やかな色で彩ってくれたのだ


冷たく苦いだけの涙は

この出会いによって暖かく優しい涙にもなった



2016年のただただ辛く苦しい喪失の瞬間を振り返ったとき

他方で美しく優しく温かく思い出させてくれるあの出来事と出会いとあなた達に

感謝を捧げます





プリンスとプリンスの死という視点から見る羽生結弦さんやスケートという

羽生選手ファンやスケートファンからしたらぬるいこと言ってんなってなブログだったかもしれませんが

こういう世界もあったのだ ということです



2016年からたらたらと部外者が語ってしまいました

長らくありがとうございました

接点を持とう持とうとするとウザくなりそうなので一旦終わりにいたします



羽生結弦さんは進んでいく 生きている

彼を応援するあなたたちも前を向いて進んでいく

エスむらは 私たちの時計は止まってしまった

きっとこの喪失感を一生抱えて感じながら生きていくのです

けども

それでもやっぱり前を向いて進んでいかなきゃならない



なんだか二度目の喪失のような

心に微量の侘しさを今感じながら書いている


それでも世界は回るし時は進むし前を向いていく

その周りにもその先にも何があるかまるで期待も希望もないと分かっていたとしても


Life is a PARADE.

人生はパレード

パレードは続くし 進む





また羽生選手からのプリンスへの歩み寄りなどが感じられたときは

エスむらはプリンス級に気まぐれだから この「羽生結弦カテゴリ」を 再開するかもしれへん

そのときは凍結させた気持ちをもう一度解凍して再会いたしましょう




闘うアスリートはみんなみんな優しくて美しくて愛に溢れていて素晴らしかった


そしてそれは あなたたちもだった




みなさん 本当にほんとうにどうもありがとう





関連記事

コメント 21

-  2018, 04. 20 (Fri) 10:43

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 20 (Fri) 11:07

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

sakiya  2018, 04. 20 (Fri) 11:48

夢を生きるを読んで

はじめまして。
羽生結弦選手がご縁で、こちらに度々お邪魔しておりました、sakiya ともうします。
いつも、すてきなプリンスさんへのオマージュ。ぐっと涙をこらえて読ませていただいてます。そして、結弦君への深いご理解。ありがとうございます‼
枯葉本物です。

 もうすでにご存知で、blogに書かれていらっしゃるかもしれませんが、結弦君よインタビュー集に、レッツゴークレイジーについて触れている所があったので、おしゃべりしに来てしまいました。

 132ページの5行目。
演技の中のスピン(シット)のことについて、
僕の中ではあそこのシーンてプリンスが叫んでいるイメージしかなかったんです。だから、ビートを刻むように手を振り付けなかったと。
 こういう解釈が正しいかそうでないかを議論したいのではなく、結弦君は、やっぱりいろいろ事前にプリンスのこと調べたりしていたんだということがうれしかったんです。

次のページでは、曲の速いビートの中で、手の振り付けでスピンの速度を操って、表現したいと言ってますね。
さらに、かなり聞き込み、音が聞こえない状態でも頭の中で音にはまるようになっていると。
ほんとに、クレイジーは、結弦君の体にぴったりとなじんで見えます。

また、結弦君のプリンスが好きになりました。

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 20 (Fri) 11:50

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 20 (Fri) 12:42

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

ひまま  2018, 04. 20 (Fri) 14:11

明日はご命日

エスむらさん、こんにちは。
羽生結弦選手のファンです。
プログラムで表現したいことは、受け止める側に背景やストーリーの知識がないと、伝わりにくいと、先週のセルフプロデュースのアイスショーで羽生選手が語っていました。
その意味では、エスむらさんは羽生選手の
レツクレの表現を一番理解し受け止めた人のひとりだと思います。それが嬉しいです。

3種類の異なるプログラムを続けて滑って、
明るい曲から暗い曲へ、またはその逆も、自分自身の切り替え、その世界に気持ちを入り込ませるのは難しいけれど、楽曲と衣装が表現を手伝ってくれる、という内容のお話もありました。

気づいたのは、歌詞に沿っての振り付けですが、羽生選手の表現したいプリンスさんが先にちゃんとあって、そこから楽曲の力を借り、自ら曲をエッジ奏でているのだということです。

羽生選手の紫衣装を着たキューピーさんが、高島屋で開催の羽生結弦展で売られていて、人気です。

私はプリンスさんも好きでコンサートにも行っていましたが、羽生選手を通してこの曲が世界中に流れ、そのビジュアルをきっかけに文化人も改めて注目したことも嬉しいです。羽生選手を描き始めた画家さんもいます。

また本物の表現から、いろいろな繋がりが生まれますように。

エスむらさんありがとうございました。

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 20 (Fri) 14:43

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

bb  2018, 04. 20 (Fri) 15:01

ありがとうございました

こんにちは、初めまして。
度々お邪魔させていただきました。
エスむらさん、清々しくて清潔で心が清らかなのはエスむらさんです。
そのような気持ちで羽生選手を観て感じて下さってありがとうございます。
あの時、プリンスファンのエスむらさんの心を感じる事が出来て、私たち羽生ファンがどんなに嬉しかったことか。
プリンスファンの方がこんな風に思ってくださってますよ〜!と羽生選手に伝えたい。と思わずにいられませんでした。
羽生くんの演技を認めて下さって私たちもほんとうに嬉しかったです。
ありがとうございます。
完璧を目指す彼は、いつの日か足が治ったら完璧なレッツゴークレイジーをみなさんに観て欲しいと考えていると思います。
私たちもその日を待っています。

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 20 (Fri) 15:10

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 20 (Fri) 17:41

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

ihiro  2018, 04. 20 (Fri) 19:05

偶然か⁈

こんにちは、エスむらさん。
わたくし、仙台市民なのですが、明後日22日の13時過ぎ(アバウト…)からパレードあります。
勘ぐり過ぎかもですが、ミネアポリスと日本は約14時間の時差ありますよね。
ちゅうことは奇しくもミネアポリス時間でギリギリ4/21では、、、⁈
と思った次第です。
偶然にしても羽生君はプリンスと何かと絡みますね〜

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 20 (Fri) 19:18

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

ihiro  2018, 04. 20 (Fri) 19:47

すみません、補足というか皆さまお分りと思いますが先コメのパレードとは当然 羽生君のです。
大勢の羽生君のファンの方が仙台においでになるかと思いますが、皆さま気をつけていらして下さいね〜〜
お天気もまずまずのようですよ〜!

編集 | 返信 |  

結羽  2018, 04. 20 (Fri) 20:32

レッゴークレイジーは、羽生選手のゲストトークコーナー登場曲に!

はじめまして。ネットに未だ不慣れで、よく分かってないので、読ませて頂くだけでしたが、どうしても知ってもらって、エスムラさんの考察を聞かせて頂きたいと思い、思い切って書かせて頂いています。失礼ありましたら、すみません。

先日4/15にCS放送でですが、羽生選手凱旋感謝の公演の最終日の放送がありました。その中の羽生選手が日替わりゲストとトークをするコーナーの羽生選手登場曲に、プリンスさんのレッゴークレイジーは使用されていました!

そして、生死について、深い思考があるエスムラさんだからこそ、羽生選手の言葉の伝聞や断片的なものではなく、全部を見て頂き、できれば公演の趣旨や流れ、集まっている層、雰囲気、空気感というものもあるので、最初から公演を見て頂けた上で、羽生選手の言葉を、エスムラさんの思いや感性で考察してもらえたらと願っています!

先日の放送を、どなたかからか見て頂けたら大変有り難いんですが、最終日の放送は完全版かどうかが分からないのですが、5/13にCSテレ朝チャンネル2で、18時30分から再放送があります。

はじめましてで、いきなり不躾な願いを伝えてしまって、申し訳ございません。お忙しいのに、時間と手間の掛かる願いを書いてしまった無礼、ご迷惑でしたら無かったことにして下さいませ。ご検討のほど何卒よろしくお願い致します。

最後になりましたが、感受性の高い、思いの深い文章に何度も涙しながら、読ませて頂いてます。ありがとうございます!

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 20 (Fri) 22:04

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

かれん  2018, 04. 22 (Sun) 02:43

エスむらさん。

4月21日か過ぎましたね。

LIFE IS PARADE

時は止まらず、
人は前に進むけれど、

止まった時計。

エスむらさん。
先日は自分の気持ちを一方的に書いてごめんなさい。
4月21日を前にどんな気持ちで書いてくたのか。
そして、
あなたの優しさにありがとう。
プリンスと羽生選手
お互いに再び生かされあう
そんな出会いだったように感じています。

エスむらさんのプリンスへの尽きるなことない思いは、
大切なことはシンプルでいい。
ひたむきに愛することだとあらためて気づかせてくれました。
エスむらさん。
プリンス、空からいつも見ていらっしゃると思います。えらそうなことを書いてごめんなさい。けれどそう思います。

またいつかここでお逢いできますように。

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 22 (Sun) 20:09

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

-  2018, 04. 23 (Mon) 01:03

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

ショピンの魚に恋して  2018, 04. 28 (Sat) 00:36

ピョンチャンのバラ1の中のレッツ・ゴー・クレイジー

エスむらさん、お久しぶりです。ショピンです。
こちらをぜひお読みください。最後のページに書かれていること。私も深く納得したので少しブログで記事にしました(↓)。

特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~ 第13回
羽生結弦が歴史を刻んだ「平昌のショートプログラム」を振り返ってみた
https://shinsho-plus.shueisha.co.jp/column/skate/2882
高山真2018.4.27 集英社新書プラス

ショピンの魚に恋して
「畏怖と歓喜。プリンス入魂のツイズル・・・。」
https://ameblo.jp/poissonbleu/entry-12371659735.html

知ったかぶって書いてしまって、お気を悪くされたら本当にごめんなさい。ただ、平昌のバラードの最後のステップのところに出てくるくるくる回るツイズルのアームの形は、高山さんの感じられたようにプリンスを彷彿とさせるものだと、私も感じています・・・。

編集 | 返信 |  

olieve  2018, 04. 28 (Sat) 11:48

エスむらさんが浮かんで

エスむらさん

羽生選手のパレードが
終わりました。
お祝いムードいっぱいでした。

アイスリンク仙台で
きのうから始まった
羽生選手写真展に
行きました。

レッツゴークレイジーの
写真も何点か。
立ちつくしていると

エスむらさんの
想いのあふれた
こちらのブログが
浮かんできました。

じんわりきました。

編集 | 返信 |  

かれん  2018, 06. 07 (Thu) 14:43

お誕生日おめでとうございます

こんにちは。
エスむらさん。

お久しぶりです。お元気ですか?
今日は
プリンスのお誕生日ですね。
おめでとうございます。

全てはこの日、生をうけたことから始まったのですね。
今は永遠を生きるプリンス。

私にとって、プリンスとの出会いになった
プリンスと羽生選手の最高のコラボ
「LET’S GO CRAZY」
を見ました。
プリンスと羽生選手が重なって見えるよう。やっぱり最高にカッコいいです←二人とも!
生まれてくれてありがとう。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧