tumblr_ovbzubtbVu1vi8235o7_1280.jpg




星野源さんの羽生さん&レッツゴークレイジーのラジオ 聴いたよありがとー



しかしなんつうタイトル  ←他人事



最近のおバカな記事 および過去のそのテの記事 

そんなもん量産しとっていまさらだが プリンスに監視されている身としては

プリンス擁護のために言うておきます


いやな プリンスはエロティックな曲をたくさん書いてきたけれど

決してポルノは書いてないよという話





tumblr_ovbzubtbVu1vi8235o6_1280.jpg




プリンスほどエロスにあふれて危険な(つうか不穏な)空気感をかもす男なら

あまり彼の世界を知らない一般世界の人ならば

プリンスってばきっとあられもないあれやこれやをあられもない表現で作品として世に出して

ライブなんかポルノショーみたいなんだわきっと


って思ってるかもしれない


プリンスの音楽をグラビア写真や ひどいとポルノ写真のようなイメージで捉えてると

聴いてみると肩透かし食らうぞ



いや 免疫ないとあのパフォーマンスを把握し理解するのはなかなか厳しいが



プリンスの描くエロスは美術や文学の世界での〇〇や△△のような世界   個人の思い入れもあるでしょうから伏字にしておきました


しっとりと じっとりと 根本的にエロい

けど愛が満ちていて 攻撃とは程遠い奪わない与え与えられるエロス

知的で詩情にあふれ あれこれと考えさせるエロス



よくまあこんな人が

アメリカの ブラックの 1950年代生まれの 貧困層から生まれたもんだと

(あえてこういうことを言うよ)

エスむらはじめ世界のみんなはお口をあんぐりさせたよね



かといってプリンスはエロスを求めて エロス芸術のための究極のエロスを追求した人かってえと

そうじゃあない!

それだけじゃあない というかね

エロスはそりゃプリンスの代名詞みたいなところもあるが 

彼のエロスは表現ツールのひとつだ

彼自身が上質のエロスを放出しているので どうしても表現・体現もエロティックになるけれども

それに特化した表現を求めた人じゃあないんだ



なんてなー ずいぶんとイイ風に書いてるけど

おバカっぽいところも多分にあるのがプリンス

あまりにド直球で笑えるときもあるし

どないしてんプリンス 欲望でトチ狂っとるね

なときもある

そこがまた面白い

プリンス バッカだな~ つって

笑えるしツッコめるしホッとする 


彼のやってることは暴力的ではないってことだから



その背景にあるのは 自虐とはまた違う知的な客観性

すげえ冷静なとこがあるんだこの人 こわいわあ



アハンアハン言ってたり言わせたりしたかと思ったら

その目はちょー冷静だったりするから こっちはヒェッと身をすくめて

ごごめんなさい でもそこがまたイイ♡

なんてことになる



プリンスは自分自身も自由自在にさせてくれるし

こちらを自由自在に操ったりする


欲望というものに対して非常に対等なんだな


そしてはっきりと自分の目指すビジョンが見えていて相当知的で相当気が長くないと 

こんなことカッコよくやりきれはしない







3384433_1.jpg



イイこと言って最後にこんなの載せるエスむら




関連記事

コメント 3

-  2018, 05. 10 (Thu) 10:42

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

はとなく子  2018, 05. 11 (Fri) 01:06

Temptation
久しぶりに聴いてみました。パシーン パシーンがあれから気になってて(^_^*)

エスむらさんのおっしゃるそのお上手なご様子で頭がいっぱいーっの つかの間
プリンスの歌声に渦巻かれて行きました。
とてつもなく大きなエネルギー。
脳内いろんなものが分泌されて、聞き終わっても尾をひきますね。

録音したものにこういうのを封じ込めれるって、うーん また改めて感服。
これ、後ろの寸劇がちょうど心地よく乱れた脳内を鎮静化させてくれますね。おバカして、和ましてくれるというか。うーん、やっぱり天才!

編集 | 返信 |  

-  2018, 05. 14 (Mon) 01:50

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧