tumblr_mbrjsrwXtt1qlmakwo1_500.jpg



どんなハードな作りの曲だとしても

プリンスの音楽は

なにかしら甘さを感じる



詰めが甘い

のではございませんよ


なにか夢見るようなところがあるのです



具体的にうまく言えませんが

ドリーミンだわ




選ぶ音かしら?

ちゃうな

プリンスの声かしら?

それだけでもないな



男っぽいごつごつした作りの音楽だったとしても

プリンス風味は少しスウィートである




感じ方はそれぞれでしょうが

エスむらは

夢見るようなスウィートな

プリンスのポップさが好きです


そう

ポップ



プリンスのこの甘さが

ポップにつながる

のかなーなんてな



このプリンス流ポップ風味が また

中毒性があってやなあ


甘味が

あーまた聴きたい

あーもーおいしい

と思わせるのかなあ



プリンスを聴かずにはいられなくなる

中毒性と



音楽を聴くよろこびをもたらす

快楽性と




プリンスの音楽は

音楽とはこういうものでしょ

これが音楽でしょ

と思わせる

楽しさ

甘やかさ

幸福感


が溢れており

たまらんのであります先生




その甘さって


人工甘味料?




いえいえ

プリンスフレーヴァー

正真正銘 音楽の歴史をバックにした

体にすこぶるよろしい

由緒正しい天然成分だと



思っております




関連記事
新着記事一覧